Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

iPod & iTunes

iPodの終焉

 そうですか、iPodが世に出てもう、17年ですか。iMacやいろんな製品のお陰でAppleは倒産の危機を脱したのですが、本当の意味でAppleの反転攻勢を支えたのは、iPodの世界的ヒット。それも、Windowsにも対応することで、一気に浸透しました。最盛期は年間4000万台ちょっとを出荷し、若い世代にはApple=Macという図式をひっくり返し、Apple=iPodという認識をつくり、またiPodの大成功がiPhoneの登場とそれをスムーズに受け容れる下地を作ったと言えます。まさに、エポックとなった製品でした。
【「iPod」誕生から17年、長らく新モデルが登場していないiPodはこのまま終わりを迎えてしまうのか?】GIGAZINE 2001年10月23日、当時AppleのCEOを務めていたスティーブ・ジョブズが、カリフォルニア州クパチーノにあるApple Town Hallでデジタルオーディオプレーヤーの初代iPodを発表しました。それから17年もの月日が経過し、iPodはiPhoneやiPadなど、さまざまなプロダクトへと進化を遂げています。 Happy 17th Birthday to Apple’s Original iPod - Mac Rumors https://www.macrumors.com/2018/10/23/apple-original-ipod-turns-17/ 2001年10月にジョブズが発表した初代iPodは、Apple伝統の使いやすさと、デジタルオーディオプレーヤーとしての携帯性、そしてiTunesとの自動同期機能の「Auto-Sync」という3つの革新的な機能を持ち合わせていました。また、当時の市販のハードディスク型音楽プレーヤーのわずか20%の大きさしかなく、それでいて再充電可能なリチウムポリマーバッテリーを搭載しており最高10時間の連続再生が可能という極めて優れたオーディオプレーヤーでした。 
 iPodは、パソコンでデータ管理をする製品なんて売れないという予測をひっくり返したという意味でも、大きな意味がありました。結果的にiPhoneは現在はパソコン無しでも独立して使える製品に発展しましたが、よく売れたなと今でも不思議です。どう考えても不利ですから。というか、最初に発売されたときは、Newtonの後継機ではなく、単なる音楽プレーヤーかと、ガッカリしたモノです。実際に自分で購入して使ってみるまで、こんなに面白い製品だとは思いませんでしたから、そこら辺はiPadと同じ。 ただ、このまま終わるにはひじょうにもったいないですし、iPodクラシックを512GBぐらいの薄型の製品として、再生して貰いたいです。もちろん、クリックホイールはそのままに。地味に売れると思うのですが。あるいは、Apple謹製の外付けSSDにクリックホイールと小型液晶を付けて、売ってくれませんかね?
  • 2018.10.24 Wednesday
  • 23:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback