Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

スポーツ・Hawks

2018パ・リーグCS 2ndステージ:ホークス対ライオンズ第5戦

  下克上。嫌な言葉ですねぇ……。2004年も2005年も2010年も、自分らホークスファンがどれだけ悔し涙を流したことか。まだ制度も固まっておらず、戦い方も手探りで、どれほど振り回されたことか。ただ、それも短期決戦の鬼と言える内川聖一選手の加入で終わりを告げ、日本一達成。そしてついに、ホークス初の下剋上を達成。申し訳ないですが、ウチは貸しが3つもあるんですから、1つ返して貰っても、まだ借金状態ですから。ここはヒールとして、日本シリーズには出場させてもらいます。
【14年越し雪辱…ソフトバンクが日本シリーズへ 西武に4勝2敗で下克上返し】西日本スポーツ  ◆パ・リーグCSファイナルステージ:第5戦 西武5−6ソフトバンク(21日・メットライフドーム)  レギュラーシーズン2位のソフトバンクが10年ぶりにリーグ優勝した西武を4勝2敗(アドバンテージの西武1勝含む)で下し、2年連続の日本シリーズ進出を決めた。  4番・柳田が初回に先制の3点二塁打、1点差に迫られた後の6回は2号ソロと貫禄の活躍。先発・高橋礼からつないだ投手陣も一度もリードを許さず、第3戦から3連勝と西武を圧倒した。  ソフトバンクの日本シリーズ出場は歴代3位の18度目(南海、ダイエー含む)で、シーズン2位以下からの出場は初めて。2004、05年はシーズン勝率1位もプレーオフで敗退(両年はプレーオフ優勝=シーズン優勝)、10年はシーズンで優勝しながらCSを突破することができず、パ・リーグ球団で唯一、しかも3度も「下克上」を許してきた。 
 これまで乱打戦というか、ノーガードの殴り合いというか、大味と言えば大味な試合が続いてきましたが。最終試合は雌雄を決するに相応しい、一点を争う好試合に。やはり、打撃の中心選手である柳田選手のホームランは大きかったです。それでもさすがに圧倒的な攻撃力のライオンズ、ヒタヒタと差を詰めていく試合展開。自分は本日は昼からずっと出掛けてて、速報をトイレに行くたびにチラチラ見ているだけでしたが、心臓に悪かったです。最後は工藤監督の継投と、今年の立役者のリリーフ陣で逃げ切り。 広島カープはリーグ優勝のCS突破で、三度目の正直で悲願の日本一に驀進。正直、ウチがヒールになるのは仕方ないですが、ヒールが弱いと面白くないでしょう。広島との新幹線シリーズ、ファン同士で乱闘することなく、熱戦を期待します。
  • 2018.10.21 Sunday
  • 23:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback