Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

スポーツ・Hawks

2018パ・リーグCS 2ndステージ:ホークス対ライオンズ第1戦

 いやぁ、相性ってのはあるんですね。そうでなくても、短期決戦の開幕投手は結果を出しづらい事が多いですから。菊池雄星投手は、対ホークス未勝利の呪いこそ解き放たれましたが、相性の悪さはそう簡単に払拭できない。というか、初回に集中打を浴びてノックアウトより、そこそこ以上に球数を消費しての敗戦は、最悪の展開。しかも、ホークスはホームラン無しでの大量得点。柳田に先制の打点が付き、川島とグラシアルにマルチヒットが出て、代打内川と長谷川にもヒット。実に理想的な展開でした。
【2死から雄星に集中打 ソフトバンク打線つながった!1イニング5得点】西日本スポーツ  ◆パ・リーグCSファイナルステージ:第1戦 西武−ソフトバンク(17日・メットライフドーム)  リーグ2位からの日本シリーズ進出を目指すソフトバンクの打線が4回、西武菊池に集中打を浴びせた。  逆転を許した直後の1点ビハインドで迎えたこの回、先頭のデスパイネが中前打で出塁。三ゴロの中村晃は併殺を免れたが、松田宣が空振り三振に倒れ2死一塁となった。  ここで下位打線がつないだ。8番西田が右前打、9番甲斐が2球で追い込まれながら四球。満塁となって川島の左前2点打で逆転すると、上林が左中間三塁打、グラシアルも左前適時打。四球を挟んで4連打、5者連続出塁で、この回打者一巡で5点を奪った。 
 ホームランは魅力ですが、ホームランでしか点が入らないのは悪い兆候。そう考えれば、今回のホームラン無しでの大量得点は良い傾向。ヒーローインタビューの川島選手が、投打に活躍してラッキーボーイになりそうでう。なにより、内川選手が間に合ったのは大きいです。なにしろ、ホークスのCSの呪いを打ち砕いたのは、内川選手の短期決戦での異常な勝負強さ。日本シリーズが難しかった横浜時代の鬱憤を晴らすかのように、神がかった勝負強さを見せます。この、計算できない要素こそ驚異。 代打陣の厚みも計算でき、加えて中継ぎに待機の武田が、投手陣のラッキーボーイになりそうです。この配置転換は絶妙。石川の使い方もそうですが、やはり投手陣の扱いは工藤監督は上手いです。
  • 2018.10.18 Thursday
  • 01:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 01:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback