Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Mac & iPad

iPadにPhotoshop完全版が来年対応

  いよいよ、iPadがMac化しますね。フル機能のCLIP STUDIOがiPadに対応して、Photoshopの完全版が対応して、あとはillustratorとInDesignが対応してくれれば、Macでなければならないアプリは全滅。近年のApple A12の高性能を思えば、フル機能のPhotoshopでも、問題なく動くでしょう。それこそ、ターミナルとしてのデスクトップ機はApple TVで充分ということになります。少なくとも、デスクトップ機はMac miniで問題なし。
【iPadにPhotoshop“完全版”がやってくる--2019年登場、イラスト特化の新アプリも】CNET  アドビシステムズは10月15日、米ロサンゼルスで開催する同社の大規模カンファレンス「Adobe MAX 2018」に向け、クリエイティブプラットフォーム「Adobe Creatie Cloud」の次期アップデートのほか、新設計のアプリ群などを発表した。  2019年ローンチ予定のアプリとして披露されたのが、iPad版の“フルバージョン”の「Photoshop CC」だ。これまで、Photoshopの名前を冠したモバイルアプリは、Photoshopの一部機能をモバイル向けに最適化しつつ切り出したものであり、一つのアプリでPC版と全く同じ機能を有するものは存在していなかった。iPad版Photoshop CCは、PC以外のフォームファクタではじめての完全版Photoshopとなる。  UIは、iPad向けに最適化されタッチ操作が可能。また、PSDファイルを扱うこともでき、Creative Cloudのストレージを介することでPCとiPad間でデータのやり取りが可能。レイヤーパネルやマスクなどPhotoshopならではの機能も装備するという。また、Creative Cloudを介することで、iPadで編集を開始し、そのままPCに作業を引き継ぐことも可能だ。 
 もっともillustratorはともかく、InDesignは特殊なアプリケーションですから、移植はすぐにはないでしょうし、あっても後回し。でも、もし12.9インチかそれ以上の大型iPadに、GPUを強化したApple A12Xを搭載したら、サクサク動きそうではあります。というか、さらに折りたたみ液晶で15インチぐらいのiPadが半分の大きさに折り畳めて、5nmプロセスの低消費電力で高性能の次世代Apple A13Xとかなら、現在のCore i7以上の処理能力が期待できそうですから。タブレット型こそが次世代の覇者になり得ると。 さらに、イラスト制作に特化したProject Geminiも登場とのこと。Adobeも攻めてますね。ただ、サブスクリプションで利益を確保する方向に転換しましたが、まだまだ高いです。旧来のAdobe製品は、ぶっちゃく5年ぐらい使うモノでしたから。月額10ドル以下でInDesignが使えると助かるんですけどね。
  • 2018.10.15 Monday
  • 23:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback