★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 韓国が二枚舌? | main | iOS12のマークアップ機能 >>
Apple A12 BionicはMacBook Proさえ動かせる
0
     シングルコアではIntelのCore i5のベンチマークスコアを上回りますから、普通にMacBook Proでもマルチコアに特化したアプリ以外は、サクサクでしょうね。アプリの体感速度は、シングルコアに依存していることが多いですから。しかし、A12 BionicチップをIntelのXeon 8176とCore i7-6700k、AMDのEPYC 7601という、パソコン向けのCPUと比較してみたところ、なんと匹敵する性能を叩き出してしまったようです。GPU強化版のA12Xなら、マジにMacBook ProのCore i7並みの性能を発揮しそうです。
    【iPhone XS世代に搭載の「A12 Bionic」チップはMacBookを駆動できるほどのパワーがあることが判明】GIGAZINE 2018年発売のiPhone XS/XS MaxおよびiPhone XRに搭載されるA12 Bionicチップの性能を詳細に調査したところ、実はそれ単体でMacBookを駆動できるほどの性能が秘められていることが明らかになってきています。 The iPhone XS processor is so powerful that it could pave the way for an ARM MacBook – BGR https://bgr.com/2018/10/10/iphone-xs-speed-vs-android-a12-bionic-chip-could-power-macbooks/ The iPhone XS & XS Max Review: Unveiling the Silicon Secrets https://www.anandtech.com/show/13392/the-iphone-xs-xs-max-review-unveiling-the-silicon-secrets モバイル関連機器などのニュースを扱うBGRのクリス・スミス氏の関心を引いたのが以下のツイート。 
     詳しくは上記リンクを読んでいただくとして。比較した15項目の内、最下位が2項目。ただし、その内のひとつはクロック周波数ですから、最も低いクロック周波数でも優秀な数値と言うこと。実際、1位になったのが2項目もあります。言うまでもなく、ひとつは低消費電力。最下位のCore i7-6700kの5分の1以下という優秀さ。2位が4項目あり、サーバやハイエンド機にも使用されるデスクトップ用のCPUと比較してこの成績は、かなりのもんではないでしょうか? これでたっぷりのRAMを搭載したら、どうなることやら 冗談抜きに、Intelの供給不足の問題もありますし、この圧倒的な低消費電力を活かして、バッテリー駆動時間倍増のコンシューマ向けノートなら、大ヒット間違いなしでしょう。
    【2018.10.13 Saturday 22:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.12.19 Wednesday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24676
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム