★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< Appleが電源管理技術を6億ドルで取得 | main | 2018パ・リーグCS 1stステージ:ホークス対ファイターズ >>
Appleが未発表の4製品を登録?
0
     4製品のうち、ひとつは新型のApple Pencilですから良いとして。残りの3製品はiPad Proだとすると、謎が深まります。10.5インチと12.9インチの後継機だとすると、1種類多い。Wi-Fi版とセルラー版だとすると1種類少ない。……まさかiPad mini5ですか? まぁ、10.5インチと12.9インチはiPhoneXSシリーズと同じベゼルレスになって大型化するけれど、9.7インチのiPad Proも開発が継続されるという噂もありますし。ひょっとしたら、もっと大型のiPad Proも、可能性はゼロではないかも。
    【Apple、中国工業情報化部に未発表の4製品を登録 新iPad Proか?】iPhone Mania Appleは9月29日、中華人民共和国工業情報化部(MIIT)に未発表の製品を4つ登録していることが判明しました。これらは間も無く発表されると予想されるiPad ProとApple Pencilの新モデルであると予想され、新製品発表のスペシャルイベントがもう直ぐ開催されるのとの期待が高まっています。 iPad ProとApple Pencil 今回、中国で登録されたAppleの新製品の型番はA1876、A1980、A1993、A2051となっています。最初の3つはWi-FiとBluetooth通信に対応したデバイスと書かれており、時期的にiPad Proの新モデルだと考えられます。またA2051はBluetooth通信にのみに対応するデバイスとして登録されており、iPad Proと同時に発表されるApple Pencilではないかと推測されます。 
     発表は今月末説が有力。自分としては、Touch IDありのiPad Proを既に購入していますし、購入はしない予定ですから気楽。新型のApple Pencilは楽しみですが。ここで、iPad mini5が出ないと見切ったら、自分はZenPad3 8.0を購入予定。変換効率と辞書の共有という点で、有料のATOKは無料のGoogle日本語入力に対して、負けています。キーボードのインターフェイスも、文節変換機能でも、HUAWEIとKindleの二つのAndroid系タブレット型でイロイロと試してみた結果の、結論です。 ただ、両機種ともコンシューマ機でRAMが不足気味なのと複数アプリの切り替えが弱いので。Androidタブレット型としてはZenPadは高価ですが、iPad miniとほぼ同じ画面なのも、高ポイント。最後のiPad miniとしてiPad mini4を購入するという選択肢もありますが、内蔵ストレージが128GBは物足りないですし。7.9インチのZenPadも、今後継続して発売されるか微妙っちゃあ微妙。ひょっとしたらZenPadも新機種発売の可能性はありますが、そこはもう気持ちの問題。欲しい時が買い時ということで。 さてさて、何時になるのかはわかりませんが、ノンビリ待ちましょう。
    【2018.10.13 Saturday 12:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.10.18 Thursday 12:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24673
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム