★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< iPad外部モニター化ドングルが販売中 | main | 事実で勝負できないからこその感情 >>
国際的欠礼を重ねる大韓民国
0
     観艦式で軍旗を掲げるなと言う韓国の要請に対して、無視して軍旗を掲げた国が最低でも四カ国あったようで。実際には、ネットでの検証ではもっと多いという指摘もあります。日本と中国とイギリスが欠席し、当日ドタキャンも二カ国あったようですが、本当に日本以外の国にも軍旗の自粛を要請したのか、疑わしいレベル。ロシアは掲げていないようですが。で、挙げ句に李舜臣を象徴すると韓国人が考える旗ですか。旭日旗で揉めてるときに、そんな旗を掲げる時点で、最初から日本を侮辱する気満々で、用意していたのでしょう。
    【韓国 観艦式 秀吉と戦った将軍象徴の旗掲揚 当初説明と矛盾も】NHK 韓国は、11日行った国際観艦式で、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が演説をした駆逐艦に豊臣秀吉の朝鮮侵略と戦った将軍を象徴する旗を掲げました。今回の観艦式には、海上自衛隊も艦船を派遣する予定でしたが、韓国が「旭日旗」と呼ばれる旗を掲げるのは認められないと伝えてきたため、派遣を見送った経緯があります。 国際観艦式は11日、韓国南部のチェジュ(済州)島の沖合で行われ、韓国軍の艦船をはじめ、アメリカ軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」など、11か国の合わせて39隻が参加しました。 ムン・ジェイン大統領は、韓国軍の駆逐艦の甲板で、豊臣秀吉の朝鮮侵略の際に水軍を率いて戦ったイ・スンシン将軍に言及した演説をしましたが、駆逐艦には当時、イ・スンシン(李舜臣)将軍が使ったものと同じデザインだという旗が掲げられました。 この旗について韓国大統領府は「未来の海洋強国への意志を表明したもの」と説明しています。 ただ、今回の観艦式をめぐっては、海上自衛隊も艦船を派遣しようとしたところ、韓国が各国に対し「それぞれの国旗と韓国の国旗以外の掲揚は認められない」と通達し、韓国内で「戦前の軍国主義の象徴だ」という反発がある自衛艦の旗「旭日旗」を掲げるのを認めなかったため、自衛隊が艦船派遣を見送った経緯があります。 
     日本が参加して、旭日旗を掲げてきたら、「ウリナラ堂々と師字旗を掲揚す」とか、国民への言い訳として用意していたのでしょう。更に、李氏朝鮮時代のデザインの太極旗を、韓国側は掲揚していたので、その意図するところは明らかでしょう。ちなみに、師字旗は李舜臣を象徴する旗ではないという、知ったかぶりの連中がSNSでは沸いてきたようですが。楽韓Webさんが簡単に粉砕しています。重要なのは、現在の韓国人が師子旗をどう認識し、どう思い込んでいるかですから。 太極旗は原型は古くから有りますが、大清国属と書かれた太極旗があるように、清朝の属国であった時代に、米朝修好通商条約で国旗の必要性が生じ、清朝の外交官であった馬建忠によって基本デザインが提案され、八卦を半分にの四卦減らされてと、自分が見ればかなり国辱的な国旗も、韓国人が誇りを持っていれば、それが重要なように。ちなみに、ちゃんと四卦の形と位置がわからない韓国人って、42.2%に達するようです(参照:【韓国人の4割、ネットで調べないと自国の国旗描けず】)。 局地戦で勝利しただけの人物を大英雄に仕立て上げないといけないほど、韓国には英雄がいないということでしょう。後は、テロリストぐらいだもんなぁ……。その勝利も、補給船を襲っただけで、秀吉軍はその後に上陸していますから、敵の目的を阻止できていないので、作戦としては失敗。ちなみに李舜臣将軍、休戦協定を結んで引き揚げる秀吉軍を背後から襲い、返り討ちに遭って死亡します。今回のルール違反を思えば、「韓国海軍は李舜臣将軍の精神を受け継いだ最強の海軍です」は、別の意味で納得です。 ちなみに韓国が掲げてる師字旗は、中国の物と違って、師の偏の点がないもの。中国では皇帝の字と同じ文字は使えないため、李の異字体で子が了になってる字を使ったりしました。これは徹底していて、碑林という石碑を集めた名所では、石碑から皇帝の名前を削った石碑が多数見られるそうです。例えば観世音菩薩と観音菩薩の呼び方があるのも、唐王朝の2代目皇帝・李世民(太宗)に遠慮して、世の字を削ったから。点がない師字旗も、中華王朝に遠慮した属国の証とか? 漢字教育を廃止すると、こうなるんですねぇ……。
    【2018.10.12 Friday 19:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.12.19 Wednesday 19:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24669
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム