★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< TSMCが5nmプロセス先行生産を2019年4月に予定 | main | iPad外部モニター化ドングルが販売中 >>
阪神タイガース金本監督辞任
0
     去年、三年契約を結んだのに、辞任ですか。個人的には、コーチ経験を経ずにスター監督という、典型的な失敗する監督のパターンでしたから。例えて言うなら、近鉄バファローズの鈴木啓示監督。野茂英雄投手との確執が有名ですが、金村義明選手など、他の選手やコーチもよく言いませんね。彼が監督になってから、藤浪投手はすっかりおかしくなり、大谷以上と呼ばれた才能が、おかしなことになっています。コーチ経験を経ずにスター選手が監督とか、お話になりません。でも、次の監督もスター監督でしょう。
    【阪神金本監督が辞任 今季最下位 今日にも発表】日刊スポーツ 阪神金本知憲監督(50)が今季限りで辞任することが11日、分かった。今日にも発表される。 今季は142試合を戦い、61勝79敗2分けで、01年以来17年ぶりの最下位が決まっていた。前日10日は甲子園での今季最終戦。金本監督は試合後のセレモニーで「選手たちは本当に開幕から目いっぱい、体を張って頑張ってくれましたけれど、私の力足らずのため、こういう結果に終わってしまい、心より謝罪とおわびを申し上げたいと思います」と話していた。 
     アメリカでは、ベースボールを国民的娯楽に引き上げた最大の功労者であるベーブ・ルースでさえ、監督にはして貰えませんでした。でも、それが当たり前。監督も同じように、ルーキーリーグなど下部組織の監督から叩き上げて、実力でのし上がるのがメジャー流。審判も同じで、1Aとか球審は二人でこなすほど。そういう中で、腕を磨くのが当たり前。読売の高橋由伸監督と、阪神の金本知憲監督と、コーチ経験の無いスター監督が同時に退任というのが、実に日本のプロ野球界の問題点を表しています。 うちも、工藤監督はいきなりの抜擢で、自分は不満です。ただ、秋山前監督の奥さんが余命幾ばくも無く、そんな中での辞任劇だったので。もともと、クレバーな人だったので、監督としてはよくやってくれてると、感謝もしています。しかし、王監督から秋山前監督への禅譲は、二軍から一軍コーチと、実に理想的でした。小久保監督も、二軍からスタートして一軍コーチを経て、監督に就任して欲しいです。なったら、10年は監督をして、次の後継者を育成する。そうやって、循環させていくのが大事ではないかと。
    【2018.10.12 Friday 01:00】 author : 土岐正造
    | スポーツ・野球 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.12.19 Wednesday 01:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24667
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム