★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< ポンペオ国務長官が康京和外交部長官を叱責 | main | TSMCが5nmプロセス先行生産を2019年4月に予定 >>
AppleのMac出荷台数減
0
     やっぱり、MacBook AirとMacBookの後継機と、Mac miniの新型がどうなるかを確認しないと、簡単には購入できませんよね。最初からMacBook ProやiMac Proのハイエンド機しか眼中にない人はともかく、ユーザーの大多数はコンシューマ向けの機種を購入しますし。もっとも、MacBook AirもMac miniも、inDesignやクリップスタジオなどの重いアプリもサクサク動くので、コンシューマ向けとは言えないんですが。Intelのチップの供給不足問題も有りますし、いっそのこと新型ノートはApple A12搭載でも可。
    【2018年7−9月期のMac出荷台数、新製品待ちで対前年同期比マイナスか】iPhone Mania 2018年第3四半期(7−9月)のAppleのMacの出荷台数が、前年同期比でマイナスとなった模様です。米メディア9to5Macは、新製品発売に期待をかけることによる買い控えが原因ではないかと分析しています。 上位5ベンダーでは唯一マイナス成長となったApple 調査会社IDCは現地時間10月10日、2018年第3四半期(7−9月)における世界全体でのPC(デスクトップ、ノートブック、ワークステーション)の出荷台数が約6,740万台となり、前年同期比で0.9%のマイナスとなったとの予測を発表しました。 ただし多くの業界アナリストは、プロセッサ不足により、同四半期におけるPC出荷台数は3%減との予想が主流だったため、IDCの調査結果は予想を上回ったとして受け止められています。 
     あと、ふと思ったのですが。ユーザーの一定数はiPad Proの発表を待ってから、購入を考えているのかな、と。今度のiPad ProはApple A12Xが搭載される可能性がありますから、12.9インチのiPad Proは充分に代替機となる可能性があります。お値段的にも、MacBookよりは廉価。iOS11以降、iPad Proは明らかにMacに寄せてきています。今度のiPad Proが噂どおりにUSB-Cを搭載したら、ノート型より使い勝手に優れる場面は多々あるでしょう。実際、プロジェクターにデータを出したりは、iPad Proが便利です。 コンシューマ向けノート型の位置づけが曖昧になり、iPad Proがそこを半分カバーするなら、タブレット型好きとしては、願ったり叶ったりですが。
    【2018.10.11 Thursday 22:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.12.19 Wednesday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24665
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム