Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

鹿児島・地方・旅行ネタ

平川動物公園でホワイトタイガー飼育員死亡

 平川動物公園。鹿児島の人間としては、このワードには今でも心ときめきます。鹿児島県内唯一と言って良い本格的な動物園で、遊園地も併設されています。総面積は31.4ヘクタールで、皇居の3分の1程度の面積。日本を代表する恩賜上野動物園が14.3ヘクタールですから、2.2倍ほどの面積。群馬サファリパークや千葉市動物公園に近い大きさで、東武動物公園の半分ぐらいの規模。飼育動物数は140種で約1000頭ですから、上野動物園の500種類以上には遠く及びませんが、地方としてはなかなか。なのに、こんな事故が……。
【飼育員襲ったトラ、殺処分せず 遺族「飼育して下さい」】朝日新聞  鹿児島市平川町の平川動物公園で飼育していたホワイトタイガーに飼育員古庄晃さん(40)が襲われて死亡した事故で、9日午前に記者会見した石堂昭憲園長は「基本事項がクリアできていれば、起こらない事故」と語った。一方、襲ったとみられるホワイトタイガー「リク」を今後も園で飼育する考えを明らかにした。  石堂園長によると事故当時は、飼育員がおりを掃除している時間帯だという。園のルールでは「同じ空間に人とトラが入らないようにする」ことにしており、通常の手順では「展示用のおりからトラを寝室に移動させ、おりと寝室の間の扉を施錠してから、おりの掃除に入る」という。 (中略)  また古庄さんの遺族から「(リクを)平川で飼育してください」と言われたことを明らかにし、殺処分せずに飼育を続ける考えを示した。 
 普通は、人間を傷つけた動物は殺処分が妥当。飼い犬でも、人間を襲うと殺処分にされます。遺族がそれを望まないというのは、ありがたい話です。井の頭自然公園のゾウのはな子も、忍び込んだ酔っ払いと飼育員を殺しており、殺処分の議論がありました。結果的に、彼女は長寿のゾウとして天寿を全うしたのですが。状況的には飼育員のミスだった可能性が高そうですが、もしお子さんが居たらと思うと、いたたまれません。年齢的に、お子さんは同級生の間では飼育員の子供として英雄でしょうから。 事故原因の究明と管理体制の見直しが進むことを願わずにはおれません。
  • 2018.10.10 Wednesday
  • 00:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 00:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback