★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< IWCの迷走止まらず | main | 新型iPhoneは電池切れでもSuicaが使える >>
韓国大統領府が報道の自由侵害
0
      楽韓Webさんによれば、南北共同連絡所を悪用して、経済制裁破りをしているらしい文在寅政権が、アメリカ合衆国政府が運営する国営放送でもあるボイス・オブ・アメリカを締め出したようです。朴槿恵前大統領が産経新聞ソウル支局長を長期の出国禁止にして嫌がらせをしたとき、世界から「独裁者の娘は独裁者であったか」と、批判された訳ですが。言論の自由を軽視するという点において、軍事独裁政権もそれに弾圧された学生運動出身の政権でも、本質は同じ韓国人、ということですね。
    【韓国大統領府、米メディアVOAに突然「出て行け」】朝鮮日報日本語版  韓国大統領府が14日、韓国内で取材中の米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)に所属する記者に「報道支援をするのは難しい。外信記者らが加入している『大統領府団体カトクパン』から出てほしい」と言った。大統領府職員や外国人記者など約140人が参加しているこの「カトクパン」は、大統領府の記者会見や告知、取材関連の質問・回答などがやり取りされる、メッセンジャー・アプリケーション「カカオトーク」のグループチャットルームだ。  大統領府海外メディア秘書官室は同日、「外信記者登録基準を満たしていない記者がいるようだ」として、VOA側にこうした見解を伝えた。これについてVOA関係者は「大統領府は『VOA韓国語サービスは韓国語で記事を送るため、我々が所管するメディアではない。(カトクパンから)出ていかなければならない』と言った」と明らかにした。  大統領府は現在、ソウルで活動中のVOA記者3人のうち、韓国系記者1人を名指ししているという。大統領府関係者は「(その記者は)外信記者登録運用規則上の支援対象である『ソウルに支局を置く常駐特派員』などに当たらず、『不特定多数』が使う共用電話でカトクパンに加入しているようだ」と述べた。 
     というか、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)も言論弾圧の独裁国家ですから。朝鮮民族自体が、李氏朝鮮時代の東アジア型専制君主国家の伝統を色濃く受け継ぐ、前近代的な部分が多いのでしょう(日本も多かれ少なかれある)。李承晩初代大統領も、終身大統領という名の専制君主になりたかった訳で。日本が室町時代の頃に生まれて、もうすぐ明治が終わろうという時期まで、江戸時代の倍以上の期間を両班が大衆を搾取し、大衆はサボタージュするという文化だったわけで。 けっきょく、情報をコントロールして、独裁したがる民族と。
    【2018.09.16 Sunday 21:30】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.11.22 Thursday 21:30】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24542
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム