★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< Chromebookが変えたApplとMSの戦略 | main | けものフレンズ製作委員会の闇 >>
iPhoneXRはiPhone5cのリベンジ
0
     個人的には、iPhone5cは割と好きな機種でした。カラフルな色使いはAppleらしい華やかさとファニーさを併せ持ち、黄色とか緑色が特に好みでした。でも、Appleが期待したほど売れず、早々に販売終了。しかし、Appleは失敗に学び、リベンジする企業。iPhoneの大成功も、Newtonの商業的な失敗と撤退を教訓にした部分があります。それはPowerPCの失敗がApple Aシリーズの成功に繋がったように。なので話題のiPhoneXRは、iPhone5cの失敗に学んだ機種というのは、一理ある分析に思えます。
    【iPhone XRはiPhone5cでの失敗が活かされたモデルだ】iPhone Mania 64GBで84,800円とはいえ、iPhone XRは新たな3モデルのなかでは“廉価版”という位置づけです。廉価版とされるモデルがリリースされるのは2013年のiPhone5c以来ですが、この時に得た教訓をAppleは活かしてきたようです。 破格の安さだったiPhone5c テク・アナリストのベン・トンプソン氏いわく、iPhone XRにはiPhone5cでの失敗が活かされているそうです。 16GBモデルが99ドル(約11,000円、キャリアとの2年契約時)という価格からも分かるように、iPhone5cは2013年にリリースされた当時、新興国を中心とした「高価なiPhoneに手が出せない」層の需要を大きく見込んでいました。 
     iPhone5cに関しては、廉価版という部分が強調され過ぎたのと、メインターゲットであった中国は、メンツの国だという分析ができていませんでした。高価なiPhoneと廉価なiPhoneがあったら、無理してでも高価なiPhoneを購入して見栄を張るのが中国の文化。実態は貧乏であっても、自分から貧乏と喧伝するiPhone5cを購入するはずもなく。その結果、ビジネス的には失敗してしまったわけで。ある商品を売りたいなら、値下げせずもっと高い商品を投入しろという格言通りの、Appleの戦略ではあります。 気になるのは、iPhoneSE2はもう発売されないのかということ。大型化に逆行する機種、出してほしいです。
    【2018.09.15 Saturday 23:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.11.22 Thursday 23:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24538
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム