★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< Appleスペシャルイベント9.13 | main | 朝日新聞嫌いは、謎ではなく必然 >>
iPhoneXS・Max・XR登場
0
     Apple Watch4もイロイロとスペックアップしてるのですが、先ずは今年が買い換えイヤーのiPhoneから。Appleの高級機種路線は明確で、フラッグシップ機のiPhoneXS Maxのお値段は、クラクラするモノに。ただ、圧倒的なバッテリー駆動時間もあり、迷うのも事実です。512GBの大容量はiPad Proと同じで、我が家の古いMacBook Proよりも大容量。6CoreのApple A12を搭載したCPUは協力で、GeekBench4などのベンチマークのスコアも、ヘタなノート型以上のレベルになりそうです。
    【iPhone XS&iPhone XRと過去のiPhoneのスペック詳細比較】ASCII  ついに発表された、iPhone XSとiPhone XR。従来モデルのiPhone XやiPhone 8に、まだまだユーザーが多いであろうiPhone 6/6sやiPhone 7なども含めて、現時点でわかる範囲でスペック表を作成しました! CPUが6コアのA12に! iPhone XS/XS Maxは防水性能が強化  まず、iPhone XSはiPhone Xの直系の後継機。5.8型有機EL搭載で、サイズもほぼ変わっていない。ただ、CPUは機械学習に特化したコアも搭載するA12になったほか、防水・防塵性能はIP68へと強化され(従来はIP67)、本格的な防水性能になっている。 
     ASCIIの記事はスペックの一覧表が旧機種のかなり前まで遡って掲載されてるので、便利ですね。今回驚いたのは、現在の愛機であるiPhone7 Plusのサイズが横77.9×縦158.2×厚さ7.3mmで、iPhoneXS Maxのサイズが横77.4×縦157.5×厚さ7.7mmという点。ほぼ同じと言っても、微妙に大きいのだろうなと思っていたので、厚さ以外はむしろ微妙に小さくなっていたことですかね。なのに液晶自体は5.5インチから6.5インチと、大型化していますから。悩ましいですが、iPhone9が登場しなかったですし、Maxを購入ですかねぇ……。 ただ、今回は廉価なXRもかなりの魅力なんですよね。CPUはApple A12と同じで、バッテリー駆動時間はむしろXSよりも上。違いは3D Touchがないことと、有機ELディスプレイでないこと、カメラ性能が落ちる点ですか。あと、防水機能もIP67でXSはIP68ですが、そこまでの差はないでしょう。お値段がグッと安く、カラフルという点で、これは人気が出そう。自分も、本当に2020年にiPhoneが折りたたみ液晶を採用するのなら、つなぎのiPhoneとしてXRも選択肢ですね。もうちょっと悩みます。
    【2018.09.13 Thursday 12:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.09.24 Monday 12:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24523
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム