Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

スポーツ一般

大坂なおみ選手が全米オープンを制する

 凄いですね。テニスの四大大会は全英オープン(ウィンブルドン)・全米オープン・全豪オープン・全仏オープン(ローラン・ギャロス・トーナメント)ですが、このビッグタイトルに手が届くのは、極一握りのトップ選手だけ。日本テニス界の悲願でもありますが、錦織圭選手の準優勝が最高。準優勝でも凄いんですけどね、松岡修造選手のベスト8だって快挙だったんですから。セリーナウィリアムズ選手はこの4大大会を、現役最多の23回も制した最強の女王。それを破っての優勝は価値があります。
【全米テニス:大坂なおみ優勝 日本選手初の4大大会制覇 - 毎日新聞】毎日新聞  【ニューヨーク浅妻博之、長野宏美】テニスの4大大会最終戦、全米オープン第13日は8日(日本時間9日)、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝が行われ、大坂なおみ(20)=日清食品=が元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を6−2、6−4のストレートで破り、男子を含めた4大大会のシングルスで日本選手として初優勝の快挙を成し遂げた。アジア勢の全米優勝も初めて。優勝賞金は380万ドル(約4億2200万円)で大坂の生涯獲得賞金(約323万ドル)を上回った。  日本選手のこれまでの4大大会シングルス最高成績は、2014年全米の錦織圭(28)=日清食品=の準優勝。女子は1973年全豪オープンの沢松和子、96年ウィンブルドン選手権など計3度進出した伊達公子のベスト4が最高だった。 
 ただこの快挙に、表彰セレモニーでブーイングが起きて大坂選手が涙したり、セリーナ選手がそれをはあげましたり、セリーナ選手は試合中の言動で罰金を喰らって批判されたり、どうにも後味が悪くなってしまった部分も。SNS上でも、日頃はハーフを差別してるのにこういうときだけ日本の誇りとか言うなとか噴き上がる人や、大坂選手は日本人ではないとか匿名掲示板で書き込むバカとか、ウンザリです。スポーツ選手の成績は個人のもの。でも、日本との繋がりで喜びを感じるのも、また個人の自由でしょう。 日本文学研究者のドナルド・キーン氏は遺伝子的にはコーカソイドですが、日本文化を愛し帰化したのですから、紛れもなく日本人。逆に、片親が日本人でも帰化もせず地方参政権を寄越せと都合の良いことを言う人は、遺伝子的には100%のモンゴロイドであっても、日本語しかしゃべれなくても、ただの外国人。要は、日本人としての意識や、この国との関わり合い方の問題。王貞治さんは国籍は中華民国。でも、言葉も感性も、日本人的な中で育まれていますし、政治的にはニュートラルであろうと意識されていますしね。 実父のルーツや、支援してくれた在日華僑との縁を大切にし、帰化はされていません。でも、日本を貶めるような言動もされていません。本人の主観では日本人と、明言もされています。事実上の亡命とか日本を貶めるくせに、一時帰国とか訳のわからんことを言う辛淑玉女史とかとは、自ずとポジションが異なります。辛淑玉女史が帰国と表現できるのは、半島の北か南の国であって、日本は特別永住を許可してあげてる外国に過ぎません。いつでもご自由に本国に帰国してくださって構いません。特別永住の申請を辞めれば、数年で日本との腐れ縁も消滅します。 まぁ、日本国籍を有する日本人でも、日本に害意を持つ人間はごまんといますから、国籍より日本に対する姿勢が大事でしょう。
  • 2018.09.10 Monday
  • 21:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 21:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback