Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.07.16 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Apple

Apple A12は30%高速で40%省電力?

 Apple……恐ろしい子。いくらAppleが2008年にP.A. Semi社を買収する以前から、10年以上の蓄積があるとは言え、すごいことになっていますね。普通は性能が上がると、そのぶん消費電力も上がるモノですが、処理速度が最低でも30%向上し、消費電力は40%は抑えられるとか、どんだけ夢のCPUなんだか。何しろ、A11 BionicのGeekbench4のスコアはシングルコア4204・マルチコア10165で、Core i5-7360Uを搭載する昨年のMacBook Proのシングルコア4474・マルチコア9490を上回っています。

【新型iPhoneに搭載の「A12」は、A11より30%以上速く、40%省電力か】iPhone Mania


今年の新型iPhoneに搭載が予測される「A12」プロセッサは、昨年のA11 Bionicプロセッサから、処理速度が最低でも30%向上し、消費電力は40%は抑えられる、と米メディアCult of Macが予想しています。

9月発表の新型iPhoneに搭載が予測される「A12」

9月12日に発表、9月21日の発売が予測される今年の新型iPhoneには、いずれも「A12」プロセッサが搭載されると見込まれます。

「A12」プロセッサは、Appleが設計し、台湾のTSMCが製造を独占受注していると言われています。 
 コレより更に30%以上高速となると単純計算で、シングルコア5465・マルチコア13214となります。ちなみに、Core i7-7820HQを搭載した去年のMacBook Proは、シングルコア4480・マルチコア15553です。さすがに、シングルコアでそこまでの性能アップはないでしょうけれど、ほぼ昨年のCore i7-7820HQ並みの性能になる可能性がある、と。我が家のMid2012のMacBook Proでも、そこそこ以上の処理能力を持っているので、もうA12でMacBook Proも動くし、GPU強化版のA12Xなら、あるいは……。

で、TSMCが来年には5nmの製造プロセスを着手されるとされます。もしAppleがA13XをMacBook Proに搭載したら、バッテリー駆動時間がどこまで延びるやら。
  • 2018.08.28 Tuesday
  • 22:00

-

スポンサーサイト

  • 2020.07.16 Thursday
  • 22:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback