Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Apple

Appleのサプライヤー切り替え

 Appleは、前払いで金払いが良く、サプライヤーにあまりプレッシャーを掛けない企業として、評判が良かったのですが。そこはジョブズのDNAゆえ傲慢不遜な企業ですから。値下げ要求とかサプライヤー切り替えで、プレッシャーを掛けるようになったわけで。ただ、競合他社がある企業は、そこはキツいでしょう。TSMCとかのように、絶対的な強みとアドバンテージを持っているところは、強いようで。コスト削減で対応するしかない企業はその点で、キツいですね。技術革新と価値創設は常について回ると。

【Apple、製造コスト削減のためサプライヤーの切り替えを加速】iPhone Mania


Appleが、iPhoneやMacに使用する部品類のサプライヤーを、低価格での納入に対応する中国企業へと切り替える動きを進めているようです。一方、高度な独自技術を持つ企業は強気の見通しを持っており、独自技術の有無が明暗を分けることになりそうです。

製造コストの引き下げを進めるApple

Appleが主要製品であるiPhoneやiPad、Macなどの部品類を発注するサプライヤーとして、中国企業が台頭し、台湾企業は受注獲得が減少している、と台湾メディアDigiTimesが報じています。

同メディアによると、近年のAppleは、これまでのハイエンド製品市場中心のマーケティング戦略を転換しつつあり、製造コスト削減を強化しているそうです。 
 Appleは企業に対しての取り分という点では、それでもUNIQLOのような商売はしていません。利益率は高いですが、そこは企業。どこかの三流次第を出たタレント政治家が「2番じゃダメなんですか?」と迷言を吐きましたが。ずっと2番が維持できるならそれはそれで悪くないですが、日本の半導体産業は石原慎太郎氏が自慢してから30年持たずに凋落ですからね。栄枯盛衰諸行無常。半導体のスーパーサイクルで我が世の春のSamsungも、中国にドンドン追い上げられて、半導体事業も数年後にはどうなることやら。

日本のサプライヤーも、常に新しい技術革新をせねば、切り捨てられるのは必定。
  • 2018.08.21 Tuesday
  • 22:30

-

スポンサーサイト

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 22:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback