Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

鹿児島・地方・旅行ネタ

口永良部島の噴火警戒レベル4に

 心配ですね。東日本大震災以降、新燃岳や西ノ島など、日本の火山が活性化している印象です。鹿児島県は桜島以外にも、硫黄島・諏訪之瀬島・口永良部島・中ノ島・開聞岳・硫黄鳥島などなど、多数の加火山があります。開聞岳は長らく噴火していませんが、噴気は観測されています。噴火する活火山だけで片手で足りませんし。喜界カルデラの大噴火が有名ですが、九州自体が一大火山地帯で、阿蘇山や雲仙普賢岳など、活発な火山が他にも多数。地元民としては火山の怖さは知ってますので、心配です。

【口永良部島、噴火警戒レベル4に 火山活動が高まる恐れ】朝日新聞


 気象庁は15日午前10時30分、口永良部(くちのえらぶ)島(鹿児島県屋久島町)で噴火の可能性が高まったとして、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から4(避難準備)に引き上げた。

 気象庁によると、同島では同日午前0時ごろから火山性地震が増加し、午前10時までに26回観測。震源は新岳(しんだけ)の南西山麓(さんろく)付近の深さ約5キロで、2015年5月の新岳の噴火の前に同じ場所で地震があったことから、火山活動が今後高まる可能性があると判断した。 
  • 2018.08.15 Wednesday
  • 23:01

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 23:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback