★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< Apple Store京都、京都ゼロゲートに9月オープン? | main | 中国のスパイと慰安婦問題とマイク・ホンダ >>
韓国に公的慰安婦問題研究所が開所
0
      セウォル号の沈没原因が特定できない国ですからね。もちろん、無理な改造・過積載・デタラメな固定・経験の浅い船長・責任感のないスタッフ・それらを生み出す国民性が原因なんですが。アメリカの潜水艦と衝突したというトンデモ説を言いふらす左派と、それを信じたい多くの国民の前には真実よりも、あらまほしき理想の方が大事。慰安婦問題で日韓個合意が成っても、ゴールを動かしなし崩しにする。「普遍的な女性の人権と平和の問題」なんて言うなら、ライダイハンの研究もされるが良かろう。

    【韓国で慰安婦問題研究所が開所 所長は日韓合意反対派】産経新聞


     【ソウル=桜井紀雄】慰安婦問題に関する体系的研究を担う韓国政府の「日本軍『慰安婦』問題研究所」が10日、ソウルに開設され、開所式が行われた。所長には、2015年の慰安婦問題をめぐる日韓合意の「即刻、無効化」を主張する慶北(キョンプク)大の金昌禄(キム・チャンノク)教授が就任した。

     文在寅政権が慰安婦問題の「記念日」と定めた14日には、中部の国立墓地で元慰安婦らの追悼碑の除幕式が開かれるほか、記念公演や特別展などさまざまな行事が予定され、日韓合意の見直しを求める動きが一層強まる懸念もある。

     開所式で、金氏は「慰安婦問題は普遍的な女性の人権と平和の問題であり、被害国の韓国が研究を行うのは当然だ」と述べ、研究所と日韓合意は無関係だと強調した。研究所開設に絡み、日本政府は10日までに外交ルートを通じ、韓国側に合意の理念に反することがないよう求めた。 
     ベトナム戦争におけるライダイハンだけでは有りません。朝鮮戦争の時にも、日韓併合時代のシステムをそのまま利用していたのですから、李承晩政権や国連軍、その中心であった米軍の慰安婦についても研究されるがよろしいでしょう。在韓米軍基地村の慰安婦に関しては、現在進行形で訴訟も行われていますから、大きな金と人と時間を掛けて研究するべき。ソビエト軍が満州で何をやったか、ベルリンで何をやったか、ドイツ侵攻の途上にあった東欧諸国で何があったか、研究されるがよろしいでしょう。

    何より、日本に統治される前の李氏朝鮮時代の売春制度や人身売買について、併せて研究されるがでしょう。
    【2018.08.11 Saturday 18:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.10.15 Monday 18:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24366
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム