★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< macOS Mojaveは強欲で謙虚? | main | インドで苦戦するApple >>
韓国らしさ
0
     国宝第1号の南大門が放火で消失し、復元したら手抜きや中抜きや賄賂や技術不足が露呈して、本当に職人軽視で来た国らしいなと思ったものですが。対馬から盗まれた仏像を、国際条約に違反してでも変換せず、でも6年間も放置した結果、仏像が腐食したりして傷んでいるとのこと。対馬で何百年も大切にされ信仰の対象であった仏像に、この扱い。日本人だったら、仏罰を畏れるところですが、韓国にはそんな文化はないのでしょう。実際、高麗王朝時代の仏像は破壊されて放置されていますし。

    【対馬の盗難仏像に現場検証…き損が深刻】中央日報日本語版


    2012年対馬観音寺で窃盗犯によって韓国に持ち込まれた浮石寺(プソクサ)金銅観世音菩薩坐像の所有権控訴審で裁判所が仏像現場の検証を実施した。

    大田(テジョン)高裁第1民事部は6日午後、大田国立文化財研究所で金銅観世音菩薩坐像の現場検証を行った。仏像保管状態とき損状態を確認し、仏像の真偽を確認するためだ。

    現場検証結果、仏像のき損状態が深刻であることが分かった。仏像の顔は黒い色に変色し、左手の甲は一部が落ちたような跡が発見された。また、仏像の所々が緑色に錆がつき、腐食された跡が発見された。  
     日本のマスコミは、ラオスのダム決壊についてほとんど報道しませんし、安田純平氏が韓国人だと語った部分をカットします。在日コリアンへのヘイトを煽るからと言うのですが、日本人を舐めた認識ですし、報道の公正さや中立性への挑戦です。まぁ、文在寅大統領誕生という形で、既に仏罰は受けているという見方も出来ます。韓国人は日本人からの寛容を損ない、マスコミは信用を損なう。セウォル号の調査結果も、潜水艦による事故を、国民情緒におもねって否定できないポピュリズムの国ですから。

    仏像なんてどうでも良く、日本に嫌がらせをしたいだけと、よくわかる記事です。
    【2018.08.07 Tuesday 23:00】 author : 土岐正造
    | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.10.16 Tuesday 23:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24349
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム