★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< MacBook Proのパフォーマンス低下問題に光明 | main | ラオスでダム決壊 >>
約束を守らない国
0
     日韓の慰安婦合意については、保守派からも大きな反発が起きましたが、結果的に日本は韓国に対して強力なカードを握ったわけで。韓国としては失った被害者カードの大きさに気付いて、何とか済し崩しにしたい、少なくとも継続措置に戻したいのでしょうが。その口で日韓スワップ再開を言うのですから、面の皮の分厚さは見習うべきかも知れません。日本に10億円を返せば保護に出来るとでも思ってるのでしょうが、そんなのは国内向けの時間稼ぎのパフォーマンス。対応を誤れば、第二のIMF管理でしょう。

    【韓国、「韓日慰安婦合意」日本拠出金10億円の代替予備費を編成】中央日報日本語版


    2015年末の「韓日慰安婦合意」で日本が拠出した10億円を韓国政府の予算で充当するための予備費が編成された。

    女性家族部は日本政府の拠出金10億円を全額充当するための予備費支出案が24日、国務会議を通過したと明らかにした。この予備費は韓国女性家族部の「男女平等基金」から出捐され、具体的な執行方法などは日本と協議して決める計画だ。

    韓国政府は日本が拠出した10億円を韓国政府の予算でまかなうという内容の慰安婦合意後続措置を1月9日に発表した。

    しかし日本はこれに直ちに反発した。康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官の後続措置発表から1時間も経たないうちに、河野外相は「日韓合意は国と国との約束で、たとえ政権が変わったとしても、責任を持って実施されなければならないというのが、国際的かつ普遍的な原則だ。合意の履行は国際社会に対する両国の責務だ」という立場を発表した。したがってこの10億円をめぐる韓日政府間の協議は難航が予想される。  
     日本側はいっさい協議に応じませんし、国際条約違反の慰安婦像の撤去しない限り、日本は韓国側に歩み寄ることは一切ないでしょう。韓国は国内向けにはカナダとスワップを結んだとか喧伝していますが、内容的に日本やアメリカ、イギリスなどと結べないと厳しいでしょう。すぐに約束を反故にする中国のスワップも当てには出来ない状況。無理やり最低賃金を上げる政策で、国内市場に依存しない中小企業は、どんどん海外に工場移転で、若者の雇用は減る一方。このまま行けば、経済破綻は必然。

    ということで、日本は慰安婦像を韓国政府が撤去するまで協議には一切応じず、場合によっては経済制裁などの報復を実行すべきでしょう。その前に、韓国が非を認めて撤去が理想ですが。それは政権の崩壊を意味するので、退くも地獄進むも地獄。
    【2018.07.25 Wednesday 18:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(2) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.12.19 Wednesday 18:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
       前回のIMFにお世話になった頃と違い、今の韓国は良くも悪くも経済的に大きくなりすぎましたのでIMFでも救えません。なので今回破綻したら終わりです。
      | acura | 2018/07/25 10:42 PM |
      そこまではないと思いますけれど、日本やアメリカへの波及もあるので、助けざるを得ないでしょうね。ただし、お灸を据える意味でも、韓国人自身が自分達の手で従北左派を清算するまで助けないのが大事。
      | 土岐正造 | 2018/07/31 6:09 PM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24293
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム