★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 1983年にApp Store登場を予見していたジョブズ | main | 完全菜食主義者の狂気 >>
7種類のiPad
0
     ユーラシア経済連合(EEC)の製品情報データベースに登録されたiPadの新製品が、7種類になったとのこと。この内の4種類は新型iPad Proなので、11インチのiPad Proで、64GB・128GB・256GB・512GBの4パターンの内蔵SSDの違いなのか、11インチと12.9インチのiPad ProのWi-Fiタイプとセルラータイプのことなのか、それとももっと別の組み合わせなのか、そこは不明です。個人的にはiPad mini5のWi-Fiタイプとセルラータイプに、第6世代iPadの別バージョンの、合計7種類が希望ですが。

    【新型iPad、近日発売か!製品情報がEECのデータベースに登録】iPhone Mania


    Appleがユーラシア経済連合(EEC)の製品情報データベースに、新型iPadと見られる端末を登録したことが確認された、とフランスメディアConsoMacが報じています。

    7月4日に続き、2モデルのiPadが追加

    ロシアなどの国々が加盟するEECは、暗号化通信を行う製品の情報を発売前にデータベースに登録することを義務付けており、EECのデータベースに登録された未発売のApple製品は数カ月以内に発売されています。

    現地時間7月4日付けで、MacとiPadの製品番号がそれぞれ5つずつ登録されていましたが、ConsoMacによると、現地時間7月12日付けで、iPadの製品番号がさらに2つ追加されたことが確認されました。 
     iPad Proの仮想キーボード、実は微妙に横幅が広いんですよね。ATOKのキーボードは、上下は幅を調整できるんですが、左右は不可。iPhoneの仮想キーボードとiPadの仮想キーボードの、ちょうど中間ぐらいが自分には打ちやすい大きさのようです。なので、iPad mini5が登場したら、容量に関係なく購入しようと思案中です。512GBとかあればベストですが、なければ64GBでも無問題。Kindleのfire8 HDも所有していますが、縦横比がしっくりこないのと、仮想キーボードのバランスが悪いんですよね、文字打ちには。

    今年はiPhoneの買い換えイヤーで、他にはハードの購入予定はなかったんですが、iPad mini5には俄然期待です。
    【2018.07.14 Saturday 15:54】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.07.18 Wednesday 15:54】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24245
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム