Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Apple

1983年にApp Store登場を予見していたジョブズ

 実店舗ではなく、オンラインストアでデータとしてソフトウェアを購入する。今となっては当たり前のことですが、インターネットの普及以前に、こういう発想ができるスティーブ・ジョブズは、やはり並みではないですね。ただ逆説的に、そのためにはインターネット革命と、それに伴うブロードバンドのインフラ整備、決算体制が不可欠であったわけで。いかにジョブズが天才的な先見の明を持っていても、時代に先んじすぎてもダメという、厳しい現実も教えてくれます。

【スティーブ・ジョブズ氏、1983年にApp Storeの登場を予見していた】iPhone Mania


現地時間2018年7月10日で、App Storeは公開から10周年を迎えます。Appleの共同創業者スティーブ・ジョブズ氏は、1980年代前半の時点で、App Storeの登場を予見していました。

「ソフトウェアはオンラインで買えばよい」

1983年、米コロラド州アスペンで開催されたデザイン会議で、当時28歳だったスティーブ・ジョブズ氏は、「ソフトウェアをオンラインで購入する」という、まさにApp Storeを示すような未来図を、以下のように語りました。
ソフトウェアは情報です。そして情報は、電話回線を通じてやりとり可能な、大量の0と1で表現されます。私たちがソフトウェアを買いたいときは、0と1の組み合わせの一部を、コンピュータとコンピュータの直接のやりとりで買えばよいのです。 
 ネット上のストアは、Amazonや楽天のように世界的な存在になり、すっかり世界を変えてしまいました。パソコンも、短期間で大きく変貌し、iPadとかを使ってこういうエントリーを書いていると、PC9801時代とは、ずいぶんと別世界に来ちゃったなぁと。自分が学生時代はNECは絶好調でしたが、数年後にWindows95が登場して、Windows98が登場する頃には世界は一変。1995年から2005年ぐらいまでの10年間は、本当に怒濤の時代で、世界が大きく変わったのですが、庶民はその変化に流されているだけでした。

一変。今、ジョブズが存命なら、どんな未来予測をしたのか。非常に気になりますが、それはもう叶わぬ望み。
  • 2018.07.13 Friday
  • 23:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 23:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback