★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 新型Mac miniに11インチiPad Proが今秋発表? | main | 新型MacBook Pro発表 >>
漫画のカラー塗りをAIが代行
0
     AIがこれからの世界を変えると、以前にある漫画家さんと話題になりましたが。まさか漫画の色塗りまでとは。AIに小説を書かせる試みは昔からあり、実際にラジオ番組で星新一先生の作品を読み込んだAIが、そこそこのショートショートを書いていました。でも、色塗りとは驚きですね。でも、これもキャラクターの服や体色などの雛形を最初に創って読み込ませておけば、かなりの判断力で描けるのかもしれません。もっとも、叶精作先生のような、ブラのレースまで描かれた細密画に、どこまで対応できるかですが。

    【漫画データの着色サービス商用化へ、作業時間は「人だけ」の半分に】日刊工業新聞


     大日本印刷は、人工知能(AI)を使ってモノクロの漫画データを着色するサービスの商用化に乗り出す。AIが着色し、トーンの変更など細かい部分を人が手直しする。色を塗る作業にかかる時間は、全て人が行う場合に比べて半分程度にできるという。漫画の出版を手がける企業の需要を見込んでおり、2020年度に2億円の売り上げを目指す。

     大日本印刷が開発したシステムは、AIが漫画の各コマに書かれた内容を判断して着色する。内容によっては1コマ10秒程度で着色可能。さらに同社の漫画専門のエンジニアが、トーンの変更など細かい修正をして完成度を高める。人が漫画の着色をする場合、1枚のイラストに1日程度要する場合もあるが、同サービスを使えば時間を半分程度に短縮できるという。

     同社によると、海外の電子コミック市場ではカラー漫画が主流。一方、国内の漫画はモノクロの作品が多く、「海外進出にはカラー化した方が良いのでは」という声もある。だが着色には時間や費用がかかるため、今回のサービスは海外向けに日本の漫画を売り込みたい出版社の需要を見込む。まずは電子版でカラーの漫画を海外市場に投入し、人気が出たら書籍化するといったビジネスモデルにつながる。 
     リンク先の作例を見ると、なかなかのレベル。というか、ゴッホのタッチを再現するという点で、既にこのような研究はありますからね。むしろ、特長がハッキリしてるタッチの方が、再現しやすいのかも。カラー自体は、ある程度はパターン化した色合いで良いとは思うのですが。普及しすぎると、どれも似たような色合いになるのはマズいので、各人のフィルタみたいなモノが開発されたりして。田中圭一先生が開発されたコミポのようなモノも含めて、漫画制作の現場は変わりそう。

    絵が描けない漫画家が、これからは生まれてくるでしょうし、ソレとは別に、独自性のある漫画家やイラストレーターの価値は高まるでしょう。
    【2018.07.12 Thursday 23:00】 author : 土岐正造
    | パソコン&ネット | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.09.24 Monday 23:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24239
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム