★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< iPhone用自動バックアップLightning & USBメモリ | main | 神戸新開地・喜楽館オープンへ >>
Apple Storeの閉店・改装の理由
0
     もともとAppleは、Apple Storeを単なる小売りの場としてではなく、情報発信や文化的なサロンとしての場として、発想していましたしね。ドンキホーテの圧縮陳列とは真逆のゆったりした商品陳列に、ガラスの階段やボタンのないエレベーターなどのアイコン、イベントスペースという、商品を売ることを考えたら無駄なスペース。時代の変化と共に、その比率は変化しましたが、元からあるコンセプト。そして、Appleの手法を表層的に真似るライバル企業の直営店が、未だに持ち得ていない部分でしょう。

    【アップルストアの閉店・改装が世界中で相次いでいるワケ】ASCII


     アップルの新製品を見に行ったり、アクセサリを探したり、製品の修理やサポートを受けたり。iPhoneやMacなどを使っている人にとって、Apple Storeは駆け込み寺であり、また用がなくても立ち寄ってみたい場所となっています。

     日本では、銀座の1号店を皮切りに、東京に合計4店舗、日本全国には8店舗が展開されています。このうち渋谷店は現在一時的に閉店中と案内されており、かつて存在していた札幌店はアップルの小売店のリストから完全に消えてしまいました。

     また、伊勢丹新宿店にはApple Watch専門ブティックがありましたが、2018年4月にApple Store新宿店がオープンしてその役割を終えました。 
     日本のApple Storeは、京都と川崎に年内オープンとの噂。札幌も復活して欲しいし、都内は池袋と上野と新橋にも欲しいですし、首都圏は横浜と千葉は必須。関西は神戸も必要。広島と金沢と新潟と長崎と鹿児島にも欲しいですけどね、新幹線のルート的にも。地方のApple Storeは、イベントを多めに開いて、文化発信の場にしてもらいたいところ。そうやって根強い文化と顧客を得れば、宣伝広告費に回す金はグッと減るはず。口コミってのは、洋の東西を問わず、最強の伝達手段ですから。

    Appleがアホコンサルの助言とは真逆のことをやれば、ブランド力も維持されるでしょう。
    【2018.07.10 Tuesday 12:03】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.11.19 Monday 12:03】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24225
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム