★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 横浜病院連続殺人事件の闇 | main | iPhone用自動バックアップLightning & USBメモリ >>
Apple Musicの会員数がSpotifyを抜く
0
     とはいえアメリカ国内限定の話ですが、Appleは世界を相手に商売はしていても、本質的に北米市場を最重要視している企業ですから。北米市場で天下を獲ることを、世界市場で天下を獲ることより重要視している側面も。個人的にNo music, no life!な人間ではない(ラジオもFMはほぼ聞かずAM派です)ので、Apple Musicには登録していませんが、この快進撃の結果として、iTunes Storeから楽曲のダウンロード販売がなくなるのあイヤだな、と。音楽に疎くても、たまには購入してヘビーローテーションすることはあるので。

    【ついにこの日がきた。Apple Musicの米会員数がSpotifyを抜いたとの報告】ギズモード・ジャパン


    勢い、すごいです。

    月額制の音楽ストリーミングサービスでは、今「Spotify」が世界最大の会員を抱えています。そして、そのライバルとなるのが、Apple(アップル)の「Apple Music」。Spotifyは2011年にアメリカに上陸した一方で、Apple Musicは2015年にサービスローンチ。4年の差があったのですが、最新の報告によると、なんとアメリカでのApple Musicの登録者がSpotifyを超えたというのです。

    このデータは、海外音楽系サイトのDigital Music Newsが報じたものです。それによると、アメリカではApple MusicとSpotifyの登録者数はどちらも2000万人を突破しており、Apple Musicは「ごく僅かに」Spotifyを上回ったそうです。もちろんSpotifyは有料登録者の数です。 
     音楽事業に関しては、Appleは昔から強いですし、iTunes Store以前にDTM市場でもMacは多くのミュージシャンに支持されてきた部分があり、ライバルのGoogleやAmazonやMicrosoftは、太刀打ちできていません。今後は、独自にネットラジオや音楽番組を運営していくことで、音楽との親和性を高めていくでしょう。後は、人材発掘のためのイベント開催でしょうね。秋元康商法は嫌いですが、対決の場を生み出すことで盛り上がるのもまた事実。全米や世界各地で、才能が競う場を創れれば、Appleのポジションは万全。

    ということで、Appleの舵取りに期待です。
    【2018.07.09 Monday 22:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.07.18 Wednesday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24223
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム