★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< シャチがホオジロザメを襲う | main | Apple Musicの会員数がSpotifyを抜く >>
横浜病院連続殺人事件の闇
0
     殺した理由が、自分の担当勤務時に死ぬと、遺族への説明が面倒だったので、先に殺してしまおうという、実に短絡的な犯行です。でも、自分の担当勤務時間に被らないように、タイミングを計る周到さはあるわけで。しかも、現時点ではまだ容疑ですが、不審死した患者は20人以上。何やら、知的障害者を大量に殺害した元職員の、相模原障害者施設殺傷事件を思い出します。どうせ死ぬなら自分に不利益が来ないようにという発想が、この人たちは生きていても意味は無いから善意で殺してあげようという発想。

    【元看護師の女を逮捕 任意聴取には「別の患者にも入れた」】産経新聞


     横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で平成28年9月、点滴を受けた男性入院患者2人が中毒死した連続殺人事件で、うち死亡した男性患者1人の点滴袋に異物を混入し殺害したとして、神奈川県警は7日、殺人容疑で当時病院で勤務していた看護師の久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)を逮捕した。久保木容疑者は2人を含む4人の点滴への薬品混入を認めていることが判明。病院内で入院患者が相次いで中毒死するという特異な事件は、発覚から約1年10カ月を経て急展開を迎えた。

     調べによると、久保木容疑者は入院していた西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)=の点滴袋に、医療器具の殺菌などに使う消毒液「ヂアミトール」を混入し、殺害したとしている。

     久保木容疑者はこれまでの県警神奈川署捜査本部による任意聴取に関与を否定していたが、一転、先月末に西川さんら2人の殺害について認めたほか、「別の患者にも(消毒液を)入れた」と供述。事件前に死亡した男女2人からも、ヂアミトールに含まれる界面活性剤の成分が検出されていた。 
     相模原障害者施設殺傷事件は、一日での犯行で19人が死亡。久保木愛弓容疑者は20人以上の殺害を認めていますが、この病院での不審死は、50人ほどもいるんですよね。もちろん、全員が彼女の犯行と言うことはないでしょうし、ただの事故死の人もいるでしょう。ただ、もし30人以上の殺害が確定すれば、殺人の数はオウム真理教による一連の犯罪を超え、戦前の津山三十人殺しを超えて、殺害数においても単独犯の殺害数においても、我が国史上最悪の殺人犯になる可能性もあります。恐ろしい数字です。

    患者の多くが終末医療の患者であったのも、発覚が遅れた理由ですが。現時点では、詳細はわかりませんが。なんとも不気味な展開。久保木容疑者、事件発覚後のテレビへのインタビューにも答えていて、その映像も出回っていますが。普通の冴えないOLに見える容貌です。
    【2018.07.09 Monday 21:00】 author : 土岐正造
    | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.07.18 Wednesday 21:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24222
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム