Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

酒と食い道楽

台湾で和牛が大人気

 狂牛病騒ぎから、17年間も輸入が禁じられていたんですねぇ……。日本でも、狂牛病騒ぎで吉野家の牛丼が大打撃を受けたわけですが。でも、台湾がそこまで長期にわたって輸入禁止していたのは、驚きです。でも、解禁したら大人気。日本の和牛は大人気で、知り合いが中東の高級ホテルのレストランに行ったら、最高級の料理が和牛のステーキだったので驚いたのが20年近く前。韓国やオーストラリアでも和牛を自国で生産してブランド化するなど、市場を奪いに来ていますから。

【台湾、日本産牛肉輸入で世界首位に】産経新聞


 【台北=田中靖人】昨年9月に日本産牛肉の輸入を解禁した台湾が、今年に入り輸入量で世界最多となっている。1〜5月の累積輸入量は278トンで、過去上位だった香港や米国を上回る。日本食へのなじみが深いことに加え、16年ぶりに解禁された「和牛」人気が背景にあるとみられる。

 台湾当局は昨年9月、BSE(牛海綿状脳症)問題で2001年9月から禁止していた輸入を再開した。昨年11月の輸入量は73トンとなり、1カ月分で香港(65トン)を抜き最多となった。

 今年もほぼ毎月50トン超が続き、1〜5月の累積は例年上位の香港(266トン)や米国(158トン)を上回る。輸入部位はブランド牛の霜降り肉など高級品が中心で、店頭価格は100グラム約1000台湾元(約3600円)前後と、日本の倍になることもある。日本訪問者が年450万人を超し、「和牛」の認知度が高いことも要因とみられる。 
 日本の農業は、高級化とブランド化で生き残る……というか、そこでむしろ成長産業になり得ると、指摘する声は多いです。実際、野菜や花の海外への出荷量は、順調です。安さで戦えば、途上国には勝てませんから。夕張メロンや桃など、高級な果物の評価は高いです。中国人留学生などに聞くと、桃の評価とかメチャクチャ高いです。ただ、苺などで法整備の隙や脇の甘さを突かれています。実際、韓国の苺は日本からのパクりですが、掛け合わせで合法化していますし、糖度を揃えるなど韓国側の努力もちゃんとあるわけで。

無策無能の代名詞になりつつある農林水産省ですが、そういう権利の管理や国益の保護のための制度整備など、もうちょっと気をつけて欲しいです。
  • 2018.07.07 Saturday
  • 09:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 09:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback