★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< iPhoneにUSB-Cが? | main | AppleがMagSafeのUSB-C変換アダプタを計画? >>
韓国にトランプショック
0
     文在寅大統領は在韓米軍撤退による、連邦制度の導入から半島統一の夢を描いていますから、ウェルカムでしょうね。韓国自体が、民主化以降は左傾化を強めていて、アメリアも韓国をそれほど重要視していない部分も。韓国は、自己過大評価で在韓米軍が撤退するはずがないと思ってる部分があったのですが、アメリカはフィリピンもアッサリ撤退しましたから。そして、アメリカという後ろ盾がなくなったフィリピンは、領土問題で中国の圧迫を受け続けて、苦しい状態に。

    【<米朝首脳会談>70年の敵対を乗り越えた日に韓国は「トランプショック」】中央日報日本語版


    米国のトランプ大統領(72)と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(34)が12日、シンガポールで首脳会談を開き、韓半島(朝鮮半島)の平和体制構築のために共に努力することで合意した。また両首脳は米国が北朝鮮体制を保証し、北朝鮮は韓半島の完全な非核化に向けて努力することを約束した。

    しかし両首脳がこの日出した4項目の共同声明からは、トランプ大統領がこれまで強調してきた「CVID(完全で検証可能かつ不可逆的な非核化)」は抜けた。

    北朝鮮の核廃棄はまた不確実性の世界へと放り込まれた。世界が期待した「核談判」だったが、両首脳はいつどのように核を廃棄して検証するのかについて何も合意しなかった。

    トランプ大統領は特に金正恩委員長との首脳会談後の記者会見で韓米連合訓練を中断するという爆弾発言をした。トランプ大統領は強固な同盟の象徴である連合訓練に北朝鮮の非難論理「戦争演習(war games)」 「挑発的」という表現を使用し、「非常に費用が高い訓練」と述べた。韓米同盟の核心である在韓米軍については「(撤収問題は)現在、米朝間の議論に含まれていないが、ある時点にそうなることを望む」と述べた。韓米同盟の根幹を揺るがす発言が北朝鮮の指導者に会った米大統領から出てきただけに、韓国の安保地形は大きな衝撃が避けられない見通しだ。  
     トランプ・ショックというのは、ニクソン・ショックなどのアメリカの大きな外交方針変更に擬えているのでしょう。しかし、それは保守系と目される中央日報(文在寅大統領が憎む財閥のトップであるSamsung系)の視点であって、文在寅大統領とその側近としては、願ったり適ったり。そのため、軍事費をGDP費3%レベルに引き上げて、重武装化を進める目論見です。F-35Bを運用できる大型強襲揚陸艦に原子力潜水艦と、軍備を拡大させて日米に対抗する気満々ですから。

    緩衝地帯としての半島の価値を殊更に言う人は、現実には北海道は米ソ冷戦の、沖縄は領土問題の最前線であることを忘れています。日本とグアムに防衛線を下げても問題ないでしょう。
    【2018.06.13 Wednesday 23:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.10.16 Tuesday 23:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24125
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム