★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 米朝首脳会談雑感 | main | HINOMARUは愛国ソング? >>
Apple Watchでパーキンソン病症状のモニタ
0
     パーキンソン病と言えば、モハメド・アリですね。個人的には、ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞するなら、モハメド・アリがノーベル平和賞を受賞しても、文句を言う人は少なかったでしょう。ボクサーとしての脂の乗り切った時期を、アメリカ合衆国政府との闘いに費やし、ついには勝利したのですから。それはともかく、アリが晩年苦しめられた難病の、サポートにApple Watchが有効とはうれしい話題。AppleがAppleらしさを見せるのは、こういう瞬間。ウチは銭儲け一辺倒じゃないよ、と。

    【負担を自動化。Apple Watchでパーキンソン病症状のモニタが可能に】ギズモード・ジャパン


    治療に役立ちそう。

    ヘルスケ方面の機能がますます充実する「Apple Watch」ですが、「watchOS 5」の発表によって新たにパーキンソン病の症状のモニタリングが可能になることが判明しました。

    9to5Macによれば、Appleによる医療従事者・研究者向けのプラットフォーム「ResearchKit」に「Movement Disorder API」が追加されました。具体的には、watchOS 5を搭載したApple Watchを使い、1日を通じて動きを計測することで、パーキンソン病の症状「Tremors」や治療の副作用「Dyskinesia」を監視することができるのです。

    これにより、医者が病院で実際の症状に関するテストを実施したり、あるいは患者がノートに症状が現れた回数を記入する……といったプロセスが自動化されると期待されています。もちろん両者の負担が減ることはいうまでもありません。 
     企業が企業である以上、利益の追求は当然。でも、それだけではバブルに踊った日本の企業と同じ。人はパンのみにて生きるに非ず。そこに、共同体や人類や世界に貢献する志がないと。AppleやGoogleにはそれがあり、MicrosoftやFacebookには……ないわけじゃないけれど、社会的責任を問われて仕方なくやってる感があるという。そこは程度の問題や印象に過ぎないという批判には、そうかもしれませんねと、答えておきますが。それを言い出したら、SONYだって昔は旺盛にあったんですけどね。

    でも、ブランドイメージって、そんなもんでしょう? 小さな瑕疵と大きな貢献は併存するわけで。
    【2018.06.12 Tuesday 21:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.08.20 Monday 21:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24123
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム