Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.07.16 Thursday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Apple

Apple Musicが5000万ユーザー達成

 5000万人と言えば、日本の人口で言えば関東一都六県の4200万人より遙かに多く、南アフリカ共和国や大韓民国の人口とほぼ同じ。なるほど、iTunes Storeのダウンロード販売が終了の噂が流れるはずです。世界を相手に商売するというのは、そういうことなのでしょう。しかし、ライバルのSpotifyは1億7000万人と、日本の総人口さえ超えています。ナイジェリアやパキスタン以上ブラジル以下という多さ。ただ、有料プラント無料プランに差がありますね。5000万人中4000万人が有料のApple Musicの、忠誠度の高さにビックリ。

【Apple Music、ついに5000万ユーザーを達成。音楽配信サービスの最前線が近づきつつある】ギズモード・ジャパン


Spotifyの背中、見えてきた?

現在Apple(アップル)が提供している音楽配信サービスApple Musicですが、Appleのティム・クックCEOによれば、そのユーザー数が5000万人を突破したようですよ!

そもそもこのユーザー数とは、有料プランの契約者と無料トライアルのユーザーを合計したもの。有料プランの契約者数に限れば、2017年9月に3000万人、そして2018年4月には4000万人と、恐ろしい勢いで増加していることがわかります。

いっぽう、音楽ストリーミングサービスで世界最大級のシェアを誇るSpotify(スポティファイ)は、2018年3月時点で7500万の有料プラン契約者を獲得済み。さらに、総会員数は1億7000万人に達します。これは、広告つきの無料プランが簡単に利用できることも功を奏しているのでしょう。 
 自分個人は、音楽は流しっぱなしというタイプではなく、ラジオもFM派ではなく、AM派です。好きな音楽や気に入った音楽はよく聞きますが、若い頃から音楽については保守的。なので、iTunes Storeでのダウンロード販売停止は、絶対に辞めて欲しいです。自分のモノとして、音楽を所有する楽しみを奪わないで欲しいです。ただ、Apple Musicは月額9.99ドル。日本では980円ですから。4000万人も有料ユーザーがいるなら、毎月4億ドルの稼ぎ。年間で48億ドルですか。約5000億の売り上げとは、恐ろしい数字。

さらに伸び代がありますから、倍増して1兆円産業になる可能性も。Appleが二次産業の製造業から三次産業のサービス業にシフトしていくんだな、と。
  • 2018.05.16 Wednesday
  • 22:00

-

スポンサーサイト

  • 2020.07.16 Thursday
  • 22:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback