★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 次期iPhoneにLG製高輝度液晶? | main | 電子ペーパー画面のスマホ >>
AppleとAmazonの1兆ドル攻防
0
     時価総額1兆ドル。コレよりも低い国家予算やGDPの国は、多いでしょうね。調べてみたら国家予算だと世界6位のイギリスの歳出が1兆ドルほど。GDPでは15位のメキシコが1兆ドルオーバー。もちろん、時価総額というのはあくまでも幻想の部分がありますので、ちょっとしたスキャンダルや噂で株価は上下して変化しますが。それにしても、おそろしい数字です。オランダやスイス、台湾といった国のGDPよりも、Appleの時価総額が上ってんですから。そして、ソレを追うAmazon。アメリカ一強の構図。

    【Apple、アメリカ史上初の時価総額1兆ドル超え間近〜追い上げるAmazonに注意?】iPhone Mania


    Appleがアメリカの上場企業として史上初の時価総額1兆ドル(約109兆円)に迫っているといわれていますが、Amazonの追い上げが凄まじく、1兆ドルに達してもその後すぐにAmazonに越される可能性が浮上しています。

    1兆ドルを超えてもすぐにAmazonに追い抜かれる?

    スティーブ・ジョブズ氏らにより1976年に起ち上げられたAppleは、過去40年で年間収益が2,290億ドル(約25兆円)に上り、ポルトガルやニュージーランドのGDPを超えるほどに成長しました。

    Appleの時価総額は10日、有名投資家のウォーレン・バフェット氏の持株会社Berkshire HathawayがApple株の買い増したことなどにより、9,340億ドル(約102兆円)に達しています。 
     倒産寸前であった頃のAppleを知っている身としては、この隆盛もいつかは終わって、Appleもまた倒産の危機に追い込まれるのかなと思ったりもします。栄枯盛衰、生々流転。将来的には、かつてビッグブルーと呼ばれたIBMのように、独自のポジションに収まっていくのでしょうか。あんがい、未来では建築業に進出してスマートハウスが事業の柱とか、航空産業に進出してスマートエアプレーンとか開発しているのか。はたまた、金融業にシフトして、Apple生保とかApple銀行とかが主たる産業になっていたり。

    でも、製造業部門は、細々と残して欲しいです。
    【2018.05.13 Sunday 22:00】 author : 土岐正造
    | iPhone & Apple Watch | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.10.16 Tuesday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/24021
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム