Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

スポーツ一般

ジャイアント馬場夫人逝去

 ジャイアント馬場さんが亡くなったのが1999年1月31日、ノストラダムスの大予言がまだインチキとは証明されず、20世紀ももうすぐ終わろうとはしていましたが、けっきょくあれが昭和のプロレスの終焉だったんですね。当時の馬場さんは凄く高齢に思えたのですが、61歳になったばかり。御存命なら80歳で、鈴木史朗さんや中島誠之助さんといった方々と同じ1938年生まれ。元子夫人の存在は長らく公表されず、馬場さんは独身主義者とか誤解された部分も。全日本プロレスの女帝として、君臨されました。

【故ジャイアント馬場さん夫人・元子さん死去】東スポ


“世界の16文”“東洋の巨人”として一時代を築いた不世出の名レスラー故ジャイアント馬場さん(享年61)の夫人で、元全日本プロレス社長の元子さんが14日に肝硬変のため、都内の施設で亡くなっていたことが22日、分かった。78歳だった。親族のみで19日に通夜、20日に告別式が営まれた。戒名は「顕徳院法栄妙元清大姉(けいとくいんほうえいみょうげんしょうたいし)」。

 元子さんは昨年1月に東京・渋谷区の自宅で行われた「喜寿を祝う会」で元気な姿を見せたが、同年初夏から肝臓の病気が悪化して6月に都内の病院に入院。10月には「持ってあと2週間」と医師から告げられた。その後に驚異的な回復を遂げるも、肝臓の病気は施術のしようがないほど悪化し、定期的に腹水を抜く処置と投薬だけが続いていた。 
 全日本プロレスの社長となった三沢光晴氏らとの意見対立からの全日本プロレスの崩壊……と思いきや、天龍源一郎氏の登場や武藤敬司の電撃移籍と、なかなかの寝業師ぶりを見せつけました。もちろん、三沢光晴らの大量離脱で、丸くなった部分もあるのでしょうが。その三沢光晴氏も、2009年6月に、リング上で46歳という若さで亡くなってしまい、川田選手や小橋建太選手は引退と、全日本プロレスの選手もどんどん引退したり亡くなったりと、ジャイアント馬場の全日本プロレスの色は消えていっています。

馬場元子さんのご冥福をお祈りします。合掌
  • 2018.04.24 Tuesday
  • 18:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 18:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback