★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 最上位機iMac Pro、プロの作法 | main | 北朝鮮が核実験中止を決定 >>
F-22 + F-35 ÷ 2 = F-3
0
     国産戦闘機の技術実証機であるX-2を造ったのも、この提案をアメリカの軍事企業から引き出すための、駆け引きだった部分もあるのでしょう。自国開発能力が全くないなら、アメリカから購入するしかないですが、自国開発されてビジネスチャンスを失うぐらいなら、共同開発を持ちかけた方が得策。F-35は当初の評価よりも素晴らしい機種になりそうですが、エンジンが1基しかない単発機。排他的経済水域が広い日本としては、エンジンが2基の双発機をどうしても欲しいですから。

    【空自F2後継機、米社がF22とF35両機ベースの開発案打診】Reuters


    [東京 20日 ロイター] - 航空自衛隊の「F2」戦闘機の後継に、米空軍の「F22」と「F35」両方を土台にした機体を開発する案が浮上していることが分かった。両機を手がける米ロッキード・マーチン(LMT.N)が、日本政府に非公式に打診した。門外不出とされてきたF22の高性能技術を得られることから、日本が米国との共同開発に踏み切る可能性が高まった。

    日米の複数の関係者によると、ローキードはF22の機体に、F35の電子機器類やステルス技術を組み合わせた戦闘機の開発案を日本の防衛省に伝えた。ロッキードは米政府と議会の認可を得た上で、夏までに正式に提案する。

    双発エンジンのF22は高いステルス性と制空能力を兼ね備え、今も米空軍史上最高の戦闘機とされる。日本は一時期輸入を模索したが、米議会が認めなかった。トランプ政権はこのほど米国製兵器の輸出を緩和する方針を打ち出しており、今回は認可される可能性がある。 
     先頃も、民間機のエンジンが片方大破し、胴体に穴が空くような事故が起きましたが、なんとか空港に着陸するのに成功しました(機長が女性で、しかも海軍のF-18のパイロット出身というので更に話題になりました)。双発機なら、片方のエンジンが壊れても、なんとか安全なところまで帰れる可能性があるので。なので、X-2は双発機だったんですよね。なので、開発される機首は双発機のF-35みたいな機種になるか、F-22にF-35などの新技術を持ち込んだ機種になるでしょうね。問題は、議会の反対でまた輸出不許可とかにならないか。

    共同開発ならその心配はないでしょうし、極端な話、日本仕様はIHIの国産エンジンを搭載して、アメリカの機種よりパワーは落ちるけれど航続距離が長い機種を目指すとか、差を付けるのはありかも。個人的には、F-22に採用で敗れたYF-23みたいな機種になってほしいですけども。垂直尾翼と水平尾翼が統合された、独自のスタイルは先進的でしたし。日本は、対艦ミサイルの搭載量アップを要求していましたし、より大型の機種になるかもしれません。X-2にLMT.Nのエンジンとアビオニクスでも良いんですけどね。
    【2018.04.21 Saturday 18:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.12.19 Wednesday 18:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23949
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム