★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 黒幕 | main | 来年のiPhoneはトリプルレンズ搭載 >>
Apple Store京都の次は…大阪?
0
     Apple Store新宿がオープンし、次はApple Store京都であろうというのは、公式サイトの竹籠と碁盤の目を意識したであろうシンボルマークで、予想が付きました。ただ、もうひとつの立体的なシンボルマークがイマイチ抽象的で、横浜ではないかという指摘をいただきました。首都圏は日本の人口の4分の1が集中し、神奈川県は大阪府を上回る人口を人口912万人ですから、コレは妥当な立地と思ったのですが。横浜と東京の距離を考えれば、関西圏のApple Storeの充実を優先ということでしょうか?

    【Apple新ストアは大阪駅周辺エリアに登場する? 求人情報が掲載されてる!】GIGAZINE


    これからのAppleは関西も重視!?

    この前の週末は大盛況でApple 新宿がオープンしましたが、Apple(アップル)はまだまだ国内で複数の新店舗のオープンを予定しています。今回マイナビバイトの掲載情報から、大阪駅(あるいは梅田駅)周辺に新たなストアが誕生する可能性が浮上しましたよ。

    マイナビバイトのスタッフ募集欄には(1)京都駅周辺エリア、(2)なんば・日本橋・道頓堀周辺エリア、(3)大阪駅周辺エリアとの記載が。このうち京都駅周辺エリアは、以前から噂されており求人情報も掲載されていた京都(Apple 京都)に相当しそう。またなんば・日本橋・道頓堀エリアは、すでに店舗のある「Apple 心斎橋」を意味している可能性が高いでしょう。 
     人口1351万人の東京は、銀座・渋谷・表参道・新宿と4店舗。いっぽう、人口883万人の大阪府は梅田のみ。2店舗あっても不思議はないですね。京都府261万人に、兵庫県553万人ですから、関西の三都は1700万人以上の人口があるので、合計5店舗ぐらいあっても不思議はないですね。大阪府3店舗・京都府1店舗・兵庫県2店舗ぐらいが妥当でしょうか? 滋賀や奈良、和歌山は関西圏として交通の便は良いのでカバーできるでしょう。Apple Store神戸は横浜の次に欲しい場所でしょう。

    神奈川県は、横浜と川崎、相模原市が政令指定都市ですから、ここにApple Storeがあっても不思議はないです。千葉や埼玉も、2つぐらいずつ有っても問題なさそう。アメリカ並みとは言いませんが、日本だって九州なら北九州市・長崎市・熊本市・鹿児島市・那覇市は、Apple Storeがあっても良いでしょう。愛知県も、三河地方に1つ増やしたい。広島・長野・金沢・新潟・秋田・青森には必要。四国は、愛媛と高知でしょうか? いずれにしろ、最低15店舗ぐらい、できれば35店舗ぐらいがあっても、黒字経営できるでしょう。
    【2018.04.09 Monday 22:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(2) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.06.18 Monday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      横浜、ガセだったんですかね。土岐さん申し訳ないm(_ _)m
      | acura | 2018/04/10 3:50 PM |
      いや、個人的には横浜の可能性って、まだ高いと思っています。エントリーでも言及しましたが、人口比から言えば、神奈川に3店舗はあって良いので。
      | 土岐正造 | 2018/04/10 4:42 PM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23906
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム