Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Apple

AppleとTSMCとMicroLED

 ここにきて、急にMicroLEDの噂が活発ですね。でも、これまでの通例からすると、Appleの製品開発サイクルから、2年から3年ぐらいの先の製品への先行投資の可能性が大。MicroLEDは超小型のLEDをびっしり敷き詰めるタイプのディスプレイなので、低消費電力は確実に見込めますが、大型化は難しいタイプ。なので、Apple Watchから先ずは採用して、順次大きなディスプレイになっていくのではないかと、予想されていたのですが。どうやら、大型ディスプレイも最初から視野に入れているようです。

【うわさ:アップルのMicroLEDは半導体製造大手TSMCと共同で開発か、大型パネル開発説も浮上】Engadget Japanese


アップルがApple Watchおよび将来のARウェアラブルデバイスなどに使うMicroLEDディスプレイの開発に関して、新たなウワサが出てきました。

今回は開発パートナーとして、大手の半導体製造ファウンダリとなる台湾企業、TSMCとの協力体勢を敷いて進めているというもの。アップルがMicroLEDの自社開発を進めているという、従来からの説を強化する話です。

噂の出所となっているのは、台湾の製造業界誌DigiTimes。同誌はサプライチェーン情報に強い反面、「業界の噂話」レベルも載りやすい傾向があるため鵜呑みにはできません。ただし今回に関しては、2018年3月には大手メディアBlooombergがアップルがMicroLEDに「重要な投資」をしていると報じていた経緯もあり、一定の信憑性があると考えて良さそうです。 
 ひょっとして、将来的にはMicroLEDまで垂直統合してしまって、AppleAシリーズのCPUと併せて、主要部品の半分は自社生産という、コングロマリット化を目指すのか? というか、Appleは実店舗のApple Storeで流通も垂直統合し、Apple Payで金融も垂直統合し、製造業でありながらサービス業も兼務するという、二次産業と三次産業も垂直統合するという、Apple帝国の創出を目論んでいますし。そう考えると、製品の20%ぐらいを自社でコントロールするというのは、理想かもしれません。

いずれにしろ、2020年にAppleはイロイロと仕掛けてきそうです。
  • 2018.04.07 Saturday
  • 13:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 13:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback