Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Apple

iPhoneとMacのシームレス連帯方法

 iPhoneやiPadに搭載されているiOSは、元々がMacOSベース。GoogleはAndroidとChromeOSの統合を前々から言っていますが、Appleはそこは曖昧です。ただ、両者は親子の関係に当たるので、統合自体は比較的楽かもしれません。とはいえ、MacとiPhoneでは同じアプリでもインターフェイスも違いますし、どちらかが使いづらかったり。ならば、iPhoneとiPadとMacを、適材適所で使い分けるのがベスト。自分ら古参のMacユーザーには当たり前のことも、これからMacを使う人には、こういう記事はありがたいでしょう。

【iPhoneとMacをシームレスに連携させる方法】ギズモード・ジャパン


iPhoneとMac、両方持ってるなら最大限に活用したい!

Appleは自社のデバイス同士の連携をWindowsやAndroidといった他社製OSとの連携よりも重視する傾向があります。これまでも、iPhoneとMacは関係性をより密接にしてきましたが、私達の多くはその全てを利用しきれていないでしょう。そこで、以下に様々なアプリや機能の連携のさせ方をご紹介します。

これまではあまりうまく連携できていないものもありましたが、Appleは時間と共に尊敬に値するほどの直感性と安定性を付加させてきました。必要なのは、iOS 11をインストールしたiPhoneと、macOS High Sierraをインストールした2012年以降のMacです。まずは、共に同じiCloudアカウントに同じ認証情報でログインしてください。 
 具体的には、上記リンクをお読みいただくとして。「Macは難しそう」と言うWindowsユーザーに出会って、ひっくり返った事があります。WindowsOSもChromeOSもDOSもLinuxも使ったことがある身からすれば、Windowsの解りづらさに比較すれば、Macなんて簡単です。それこそ、GUIなんて子どものオモチャと、馬鹿にされていましたから。冷静に比較すると、現在はChromeOSのインターフェイスがもっとも解りやすいです。それに比較するとMacはやや複雑な部分はありますが、WindowsOSに比較したら、バカみたいに簡単。

WindowsOSも使えるし、UNIXとしても使えるMacは、汎用性が高いパソコンとしてもっと普及して欲しいもんです。
  • 2018.04.03 Tuesday
  • 22:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 22:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback