Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

政治批評

復讐裁判

 76歳の李明博元大統領ですから、懲役が10年20年となれば、獄死の可能性もありますね。大統領経験者が、獄死。もっとも、初代大統領の李承晩は自国民を殺しまくった上で亡命、尹潽善は実刑判決、朴正熙は現役の内に暗殺、全斗煥・盧泰愚は不正蓄財と民主訓導弾圧で有罪判決を受け、金泳三は次男が逮捕、金大中は長男と次男が逮捕、盧武鉉は逮捕される前に自殺。そして李明博も朴槿恵前大統領に続いて逮捕。盟友の盧武鉉を自殺に追い込んだ主敵への、復讐裁判ですから当然有罪でしょう。

【逮捕の李元大統領 拘置所独房で「眠れぬ夜」】朝鮮日報日本語版


【ソウル聯合ニュース】巨額の収賄や横領などの容疑で22日逮捕された韓国の李明博(イ・ミョンバク)元大統領(76)は、ソウル東部拘置所の約3坪の独房で最初の夜を過ごした。

 ソウル中央地裁は22日午後11時すぎに逮捕状を発付し、逮捕された李容疑者は23日午前0時20分ごろ拘置所に入った。

 法務部は関連法や過去の事例などを総合的に考慮して李容疑者を独房に収容し、専任の刑務官をつける予定だと説明した。

 李容疑者は拘置所に到着後、一般の容疑者と同様の入所手続きを行い、収容者番号(716番)が与えられたという。 
 こういう復讐をしていても、敵は根絶やしにはできず、次には自分が報復されるだけ。で、文在寅大統領は憲法を改正して、大統領を二期8年の任期にして、自分はその適用がされないので、後継者を8年の政権として、自分と併せて13年の長期政権にし、その間に保守派を徹底的に弾圧するつもりと推測されます。朴正熙大統領以上の独裁者になるか、あるいは軍事クーデターで失脚するか、あるいは同じ左派から裏切られるか。そうならないための保険が、ノーベル平和賞なんでしょうね。

コレでは、状況は改善されない。
  • 2018.03.23 Friday
  • 19:30

-

スポンサーサイト

  • 2019.08.26 Monday
  • 19:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback