★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< Google Pixelの販売台数はiPhoneの1.8% | main | 6.1インチiPhoneは1億台売れる >>
若者のFacebook離れ
0
     そうかもれませんね。だって、あれは元々、ハーバード大学の学生が、その希少性を利用して、勝ち組がより勝つためのツールであって、実にアメリカ的なSNSですから。自分は、内々の仲間達との交流用に利用していますが、インターフェイスとか使いづらくて、WindowsOSとかと同じ匂いがして、好きにはなれません。それあLINEも同じ。バカ発見器と揶揄され、頭がおかしい人間が絡んできたり逆恨みの嫌がらせも多々ありますが、Twitterの適度にオープンで緩い感じが好きです。

    【24歳以下の若者の「Facebook離れ」が続く一方でユーザー数自体は増加傾向】GIGAZINE

    調査会社・eMarketerのデータにより、若年層ユーザーの「Facebook離れ」が浮き彫りになっています。ただし、全体としてはユーザー増加が見込まれているほか、Facebook傘下のInstagramも好調が予想されています。

    Facebook lost around 2.8 million U.S. users under 25 last year. 2018 won’t be much better. - Recode
    https://www.recode.net/2018/2/12/16998750/facebooks-teen-users-decline-instagram-snap-emarketer 
     個人的には、Instagramのように写真を共有するSNSも好きですけどね。Twitterでは、ルサンチマンを抱えて他人にひたすら攻撃的になる人間がいて、非生産的だなぁと思いますが、Instagramは写真の発信に重きが置かれていて、ポジティブ。とはいえ、ネタ系の写真って大変ですし、静物写真や風景写真は、プロとアマの腕の差が如実に出ますからね。イラストでも良いのですが、これまたプロが多数いるので。センスと文章力で勝負できるTwitterは、とてもハードルが低くて良いです。
    【2018.02.14 Wednesday 23:00】 author : 土岐正造
    | パソコン&ネット | comments(2) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.02.18 Sunday 23:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      ご無沙汰です。
      やはり、そんな感じですか、FB。
      環境としての立場を忘れ、一部狂信者による告発的なアカウント停止などを野放しに認めていますから、嫌気をさす人も多いのでしょうね。
      頭のおかしい人がいるのは仕方ありませんが、その言いなりになるのは愚の骨頂。コミュニケーションの土台になるなら無色透明に徹するべき。
      検閲や告発を求めるようではどこかの国と同じです。FBは間違っています。
      | 唯 | 2018/02/15 12:53 AM |
      ですねぇ。
      自分は、好きになれませんねぇ。会社としてのポリシーも、碌なもんじゃないし。
      FacebookにしてもTwitterにしても、校閲をかけてくる連中は大嫌いなので。
      | 土岐正造 | 2018/02/16 11:10 PM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23701
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム