★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< スリーパーセル | main | 六韜:武韜文伐篇 >>
iOS12 Peaceで読み解く進化
0
     iOS開発の責任者でもあったスコット・フォーストール氏を、社内的な派閥争いから追放した疑いが、Appleにはあるのですが。偶然か必然かは部外者には判りませんが、このあたりから細かいバグが多くなったような気がします。OSのアップデートはもう、無為に進化させず、二年に一回でも良いのではないかと思うんですけれども。iPhoneの進化はかなりのレベルに達していますから、進化より安定を求めたいのがユーザーの本音でしょう。で、iOS12は2019年を視野に入れて、イロイロと動きがあるようで。

    【iOS12のコードネームは「Peace」、iPadでも顔認証やアニ文字が利用可能に】iPhone Mania

    2018年に公開されるiOS12へのアップデートでは、新機能の発表は控えめになる模様です。しかし、iPadでも顔認証Face IDやアニ文字が利用可能になり、MacでもiOSアプリが利用可能になるほか、2019年にはiPad向けの新機能が多数追加されるとBloombergが報じています。

    iOS12、コードネームは「Peace(平和)」

    Appleは、毎年のアップデートでiOSを大幅に変更する従来のアップデートサイクルを変更し、2018年のiOS12は、新機能を詰め込むよりも完成度を高めることに注力する方針だ、とBloombergのマーク・ガーマン氏が伝えています。 
     iPadは明らかに、Macと融合する形を進めるようで。今年のiPad Proに関しては、iPhoneXのようなFace IDの採用は確実ですが、複数のウィンドウを開けるというのは、もうほとんどMacOSみたいな感じ。ただ、そのためには12.9インチ以上の画面のほうが便利でしょう。折りたためる液晶はもうちょと先の2020年でしょうから、2019年のiPadはちょと目玉機能が不足気味かも。MacでもiOSアプリが使えることが既に見えていますから、そうなるとiPadでのMac用アプリの解禁はありそうですが……。

    Peaceの次はlibertyだそうですが、平和と自由。なんか示唆的ですね。
    【2018.02.13 Tuesday 22:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.04.21 Saturday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23698
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム