★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 2024年にF-35B納入 | main | iOS12 Peaceで読み解く進化 >>
スリーパーセル
0
     三浦瑠麗女史のTVでの発言を、各方面が批判しています。興味深いのは、右派からも危機を煽ると疑問が出るのは当然として、左派や在日コリアンの側から擁護の意見が出ていることでしょう。現実に、朴正熙大統領暗殺未遂事件を起こした文世光や、拉致事件に関わった辛光洙といった工作員が存在するのですから、「こんな発言が出ると在日コリアンが差別される」と、まだ起きてもいない被害者を想定して庇い、現実の拉致被害者や家族や工作員について無視するのは、いかがなモノか。

    【北朝鮮の「スリーパーセル」より恐いもの】アゴラ

    三浦瑠麗氏のワイドショーでの発言が話題になっている。北朝鮮のスリーパーセル(工作員)は東京にも大阪にもいるだろうが、そんなものは戦争になったら大した脅威ではない。それよりワイドショーがこういう話題をもてはやすようになったことに危惧を感じる。

    いまワイドショーの主な話題は森友・加計などの「反安倍」だが、視聴者は飽きているだろう。もし朝鮮半島が「有事」になると、180度旋回することは確実だ。かつてそういう現象が起こったからだ。1931年8月8日に大阪朝日新聞は、高原操主筆の署名でこう書いた。
    (中略)
    新聞が雪崩を打って方向転換した最大の原因は、爆発的な部数増だった。どこの国でも戦争は最大の「キラー・コンテンツ」なので、その誘惑に抗するのはむずかしい。東西朝日の特電(海外特派員からの電報)は平時は月50〜100通だったのが、1931年9月は360通、年末までに3785通に達したという。

    北朝鮮の挑発が平和ボケの日本人の意識を変えつつあるのは、いいことだ。若い世代ほど内閣支持率が高いのは、「憲法9条で日本を守る」という左翼のレトリックが説得力をなくしているためだろう。こういう根拠なき平和主義は、現実が変化すると一挙に崩れることを1930年代の歴史は示している。 
     自分がガキの頃は、北朝鮮の工作員の可能性を言及しようモノなら、抗議の電話がマスコミに殺到して業務ができなくなり、「証拠を出せ」と恫喝する人間が大量にいたわけです。何しろ、世襲2代目将軍様が拉致をようやく認めるまで、そういう人間が大手を振っていたわけで。自分には「証拠を出せ」と恫喝していた連中が、今度は「差別を助長する」と文言を変えて弾圧しているだけにも見えますが。そうやって自由な言論を封じられた結果、日本人拉致被害者と家族が、現在進行形で苦しんでることに思いを致すべき。

    だいたい、辛光洙工作員に至っては、1989年に日本の社会党や共産党など国会議員が、韓国への保釈を請願する始末。もちろん、この頃から身体を張って辛光洙工作員を批判していた在日コリアンの方もいました。しかい、朝鮮総連やそのシンパの言論人や弁護士が拉致についての議論を封殺したことを反省せず、関東大震災やルワンダの事例を持ち出すのは、バランスが悪いのでは? 在日コリアン差別の助長を言うなら、返す刀で朝鮮総連や辛光洙工作員についても言及するのが、フェアなバランスではないのですか?

    池田氏が危惧するように、そういうバランス感覚が欠けたマスコミの言論は、容易に大政翼賛に転換してしまいます。というか、自分は朝日新聞の経営陣は、とっくに右旋回の準備に入ったと思っています。植村隆記者が退職した途端、彼の記事の間違いを認めたときから。
    【2018.02.13 Tuesday 20:00】 author : 土岐正造
    | 思想評論の・ような物 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.09.25 Tuesday 20:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23697
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム