★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 二元論 | main | eスポーツがオリンピック種目へ >>
仕事仲間と書類をiPhone & iPadで共有する方法
0
     あらあら、いつの間にかデータ共有機能がiCloudで復活していたんですね。Appleは昔から、電源周りとクラウドがダメダメで、もiToolではあったiCloudになってからデータ共有機能がなくなっていたんですが。こういう形でのデータ共有が、いつの間にか復活していたんですねぇ。とはいえ、大容量のデータの共有は、相変わらずアップに時間がかかって使い勝手が悪そうです。でも、Office系のデータの共有なら、割合簡単にできて、便利っぽいです。ちょっと、試しに使ってみたいですね。

    【仕事仲間と最新状態の書類をiPhone/iPadで共有するには?】マイナビニュース

    いまや仕事でPCを使うのは当たり前、表計算やワープロといったアプリの活用スキルは常識という時代。ネットワークの活用もごく自然に行われ、社外メンバーとファイルをやり取りしつつ作業することも珍しくない。

    そのファイルのやり取りも、メール添付という方法は時代遅れになりつつある。インターネット上のサーバ(クラウド)でファイルを共有し、同じ業務に関わる人間だけで読み書きする方法だ。メール添付はファイルサイズに制約があるが、クラウドを利用すれば巨大なファイルも扱いやすい。ファイルを複数人で回覧する手間がかからず、返信を待たずに変更をくわえることもできる。

    iPhone/iPadでクラウド型のファイル共有を行おうとすると、「iCloudドライブ」の利用が手っ取り早い。iCloudストレージに共有したいファイルを保存しておき、指定した人だけがそのファイルをいつでもダウンロードできるよう設定するのだ。ファイルを保存できる人物は、iCloudストレージの持ち主である自分だけとなるが、校正を依頼する場合など修正箇所がそれほど多くないケースであれば、じゅうぶん実用的だろう。

    ファイルを共有する方法はかんたん、iOS 11に付属の「ファイル」アプリで目的の書類を開き、共有メニューで「人を追加」ボタンをタップ、メールやTwitterなど仕事仲間に連絡するための手段を選択する。文面を整えて送信すれば、その仕事仲間にファイルのありか(URL)が届く、という流れだ。URLは変わらないので、問題箇所を自分が修正して上書き保存すれば他のメンバーがすぐにダウンロードできる。 
     残念ながら、こういうサービスに関しては、やはりGoogleが群を抜いています。Gmailとデータ共有の便利さは、手放せません。ただ、AppleもGoogleも、SNSは何度か進出しようとして失敗していますから、やはり企業文化として得手不得手はあるのでしょう。そこは、企業買収をしても簡単には改善できない何かがある気がします。もっとも、Twitter社とかGoogleが買収した方が、幸せなのかもしれません。少なくとも、Appleが買収するよりは。AppleはAppleで、クラウドに関してはGoogleのマネをすべきかと。

    Appleのデータ共有に関しては、もっとナントカして欲しいですが、多くは望みません。
    【2018.02.12 Monday 21:00】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.02.18 Sunday 21:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23693
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム