★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 微笑み外交の先に | main | HomePadのファーストインプレッション >>
docomoの2画面スマホの可能性
0
     二画面スマホは折りたたみスマホへの布石。少なくとも自分はそう思っています。もし、OS的に画面と画面の境界線を上手く繋げられるのなら、安価な二画面スマホでも良いんじゃ無いかと思っています。本だって、ノドの部分の境界線は適度に曖昧ですからね。もちろん、iPad miniぐらいの画面が二つ折りにできて携帯できるなら、それがベストですが、道明寺餅のように丸く畳むタイプなら厚みが増しますから。こういう二画面スマホのほうが、パタッと畳めるぶんだけコンパクトにできて、便利そうです。

    【ドコモの2画面スマホ「M」は買いなのか? 実機レビュー&コラムまとめ
    2枚あわせて6.75インチの大画面】
    Engadget Japanese

    PCはマルチディスプレイ環境だと作業が捗りますが、スマホではどうでしょうか? そんな疑問に答えを与えてくれそうな2画面スマホ「M」(Z-01K・ZTE製)がドコモより発売されました。

    2画面スマホといえば「Medias W」など過去にもありましたが、2画面で使えるアプリが限られているなど、パッとしない印象がありました。一方の「M」は、ここ最近のAndroid OSやハードウェアスペックの進化を追い風に、やっと実用的な2画面スマートフォンが登場したとの呼び声もあがっています。

    そこで、Engadget日本版でこれまでに掲載した「M」に関するレビュー・コラム記事をまとめてみました。購入を検討されている方は、ぜひご覧ください。 
     そういえば、サムスンが一時期、左右のベゼルがないタイプのスマートフォンを出していましたね。あれ自体はイマイチ評価は芳しくなかったのですが、こういう2画面スマホだったら、あのタイプの液晶画面は生きてきそうです。というか、ムリに折りたためる液晶を採用しなくても、あんがい無難に2画面スマホのほうが有利だったりして。スマートフォンがシステム手帳の進化形だとしたら、手帳のように左右に開く画面は進化の必然だと思うんです。2画面対応の予定表とか、便利そうです。

    iPad miniを二つ折りにしたぐらいのスマートフォンの出現を、切に祈ります。
    【2018.02.11 Sunday 22:00】 author : 土岐正造
    | 携帯電話・家電・カメラ | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.09.25 Tuesday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23690
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム