★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< Twitterが上場以来初の黒字 | main | 失われた20年 >>
外交的欠礼
0
     ペンス副大統領は、事前に●《ペンス副大統領は韓国大統領府に対し、オリンピック開会式前後のさまざまな行事で北朝鮮関係者と鉢合わせしないよう特別な配慮を求めたという。北朝鮮との対話には一切応じない考えを明確にするためだ。》と、朝鮮日報日本語版で報じられているわけで。にも関わらず、北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長と同じテーブルで相対する形で席に着かせようと画策したら、そりゃ激怒します。で、大統領府報道官がまた、その場しのぎのウソをついたようです。

    【ペンス米副大統領、平昌五輪開会式前の夕食会に出席見合わせ】AFPBBニュース

    【2月9日 AFP】(更新)平昌冬季五輪の米国代表団の団長として韓国を訪問しているマイク・ペンス(Mike Pence)米副大統領は9日、大会開会式に先立って行われた夕食会への出席を見合わせた。韓国政府が明らかにした。

     報道で伝えられたところによると、ペンス氏は韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-in)大統領のほか、北朝鮮の形式的な国家元首である金永南(キム・ヨンナム、Kim Yong-Nam)最高人民会議常任委員長と同じテーブルを共有し、金氏とは相対する形で席に着く予定だった。

     だが韓国大統領府(Blue House、青瓦台)の報道官によると、ペンス氏は夕食会の会場に遅れて姿を現したものの、「主賓席に座った人びととあいさつを交わし、着席することなくその場を後にした」という。

     ただ、同報道官によると、ペンス氏は前もって韓国政府に夕食は米国選手団と取ると知らせており、「ペンス氏の席は用意されていなかった」という。集合写真の撮影後にペンス氏は夕食会の会場をすぐに立ち去る予定だったが、文大統領に「友人らと会うよう」促されたため、ペンス氏は夕食会の会場に少しだけ立ち寄ったとしている。 
     トランプ大統領に慰安婦を抱きつかせ、竹島の韓国名を勝手に付けたトヤマエビを食わせたりと、騙し討ちを仕掛けて外交的欠礼をかましてきたのに。どうやら韓国では、あれを問題だと思っていないのか、今回もまた仕掛けてきたと。普通は、こういう欠礼に対しては、帰国後に外交ルートを通じて抗議というパターンが多いのですが、さすがにペンス副大統領も腹に据えかねたのか、5分で退席。しかも、他の情報だと慰安婦がまた来ていたようです。もう閔妃の頃から半島の外交音痴は変わっていませんね。



    さすがに不味いと感づいた韓国マスコミ、今度は日米に対して、あれは外交的欠礼だと、揚げ足取りをして相対化に必死です。南北選手団入場でスタンディング・オベーションをしなかったのは外交的欠礼だと、こう申されるわけです。そんな外交的欠礼って、ありますかね? 例えそれが外交的欠礼だとしても、韓国がやらかしたことから比較したら、取るに足らないレベル。これって、天皇陛下も含む歴代総理大臣や外務大臣が謝罪しているのに、ただの議員の個人的意見に難癖を付けて相対化するのと同じ。

    アメリカも、これでレッドチーム入りした韓国には愛想を尽かしたでしょう。
    【2018.02.10 Saturday 18:00】 author : 土岐正造
    | 政治批評 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.10.15 Monday 18:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23684
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム