★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 深謀遠慮 | main | 台湾東部地震 >>
Appleのタブレット戦略
0
     2017年第4四半期で、iPadが首位を維持したのですが、タブレット型自体がじょじょに陰りが見える中、成長しているのはiPadのみという状況のようで。原因は、廉価な機種と高額なiPad Proの、ハイローミックス戦略とでも呼ぶべき手法が、成功したようで。この流れを観ると、iPad mini5の登場は、あり得そうな気がしてきますね。個人的な容量の問題もあり、10.5インチのiPad Proを購入しましたが、もし512GBのiPad miniがあれば、そっちを購入したかもしれませんから。

    【タブレットの年末商戦、Appleが首位を維持〜Amazonが猛追】iPhone Mania

    年末商戦を含む2017年第4四半期(10‐12月)において、Appleは1,320万台のiPadを出荷して、タブレット市場で首位の座を維持したことがわかりました。

    iPadの売れ行きは好調

    調査会社IDCが発表した2017年第4四半期の「世界四半期タブレットトラッカー」によると、値頃感のある9.7インチiPad、また昨年6月に発売された10.5インチおよび12.9インチiPad Proは、ホリデイ商戦での人気商品となりました。これはモバイル解析企業Flurryの調査データとも一致しています。

    ただしIDCが「スレート」として分類するキーボードのないタブレットの中で、成長しているのはAppleのiPadのみであり、その成長の秘訣は、安価な9.7インチ版で消費者の需要を喚起しつつ、高価で高性能なiPad Proでビジネスおよび教育市場を開拓する戦略にある、とIDCは分析しています。 
     10.5インチのiPad Proは、絵を描くにしても良い機種ですが、携帯性を考えると、7.9インチのiPad miniがベスト。実は最近、iPad miniをサブ機として欲しくなっています。理由は簡単で、iPad Proのキーボードが、微妙に大きいなと。iPhoneのキーボードとiPad Proの、ちょうど中間ぐらいの大きさが、扱いやすいな、と。加えて、iPad ProってOfficeの無料版が使えないんですよね。プロ用はOffice365の有料版が必須になり、ちょっと痛い。文章書くのがメインなら、iPad miniのプロ版でなく、廉価版のほうで充分かな、と。

    そんなこんなを考えて、中古のiPad mini4でも良いかと思ったのですが、どうせなら最新版が長く使えるので。iPadの好調を受けて、Appleにはお願いしたいところ。
    【2018.02.08 Thursday 21:00】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.10.16 Tuesday 21:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23678
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム