★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 21世紀のハル・ノート | main | Apple Watchが1800万台で売上前年比154% >>
Apple Pencil真空書き
0
     Apple Pencilを文字を書くためだけに使うのなら、別に良いんですけどね。自分のように、Apple PencilとiPad Proを絵を描くために用いてる人は、そういうビックリドッキリ機能よりも、反応速度や精度や追随性能のほうを、地味に高めて欲しいんですけどね。もちろん、iPad Proは液晶ペンタブレットじゃねぇし、Apple Pencilのほうも目的が違わぁなと、Appleは文句を言いそうですが。というかコレ、空中で描くとかいうよりも、液晶ペンタブレットでない製品で、液晶ペンタブレット化する技術のような。

    【Appleは「空中で描けるApple Pencil」を計画中?出願中の特許から判明】GIGAZINE

    Appleのスタイラス「Apple Pencil」は、2015年にiPad Proと同時に登場したツール。2017年11月にマンガ制作ツール「CLIP STUDIO PAINT」のiPad版が登場したことで再び大きな注目を集めましたが、そんなApple Pencilが将来的にはスクリーンなどなしで空中で使用できるようになるのではと期待できる特許をAppleが出願しています。

    Apple’s latest patent teases a Pencil that can draw in mid-air
    https://www.engadget.com/2018/02/06/apple-pencil-patent/
    Apple files patent for stylus that works without a screen | 9to5Mac
    https://9to5mac.com/2018/02/06/apple-patent-stylus-no-screen/

    オランダのテクノロジー系メディアTechTasticが見つけたAppleが出願中の特許によると、Appleは「非電子表面上での電子入力デバイスを用いたコンテンツ作成」という特許名で出願しており、今後Apple Pencilをどのように進化させようとしているのかのアイデアが読み取れます。特許出願中のスタイラスはApple Pencilのような「iPad Proのディスプレイ上でしか使えないスタイラス」ではなく、平らな場所や恐らく空中でもスラスラと線を描けるようになります。 
     描画能力って、0.01ミリの世界ですからね、プロの場合。超一流の大工が、鉋で木材の表面を、一桁マイクロメートルのレベルで薄く削れる訳で。職人の技術というのは、料理でも絵描きでも、トップレベルはその精度が求められますのです。で、現在のiPhoneやiPad Proレベルの精度でiMacやMacBookに適用すると、ワコムとか他社と価格競争で勝てないでしょうし。ソコを埋める技術っぽいですね、安く液晶ペンタブレット化する技術というのは、その意味です。Appleが2 in 1タイプのノート型を出すかは疑問。

    どうなるかわかりませんが、あまり期待せず実現を待ちましょうか。
    【2018.02.07 Wednesday 22:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.08.18 Saturday 22:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23675
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム