Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Apple

Appleのサービス事業

 コーリン・クラークの古典的な分類では、人類は一次産業(農業・林業・水産業)から、二次産業(製造業・建設業・電気・ガス業・鉱業)の物作りを経て、三次産業(金融・医療・福祉・小売業など)へとシフトしていくようで。Appleはハードウェアも自社で作る会社ですが、iTunesとApple Musicのサービスのほうの比重が高まるのは、必然っちゃあ必然ですね。しかし、3600万人はスゴい数字ですね。でも、7000万人の会員数を誇るSpotifyを超える可能性を秘めてるそうで、さらなる成長が期待できると。

【Apple Musicの会員数は3,600万人、夏に米国内でSpotify超えか】iPhone Mania

Apple Musicのアメリカ国内での有料会員数が、この夏にもSpotifyを超える見込みだ、と米紙The Wall Street Journalが、レコード業界関係者の話として報じています。

会員数増加ベースはApple Musicが上回る

Apple Musicは月間5%と、Spotifyの月間2%を上回るペースで米国内での有料登録会員数を増やしている、とのThe Wall Street Journalの情報元の人物は語っています。 
 自分は、そこまで音楽好きではないですし、気に入った物を購入してヘビーローテーションさせるタイプですから。しかし、この流れでいくと数年後にはApple Musicは会員数1億人とか、そういう規模になってるのでしょうね。国外の人間も相手にするグローバル企業のグローバルなサービスというのは、そうやって億単位の人間を相手にするわけで。数億人の人間が毎月980円を払っていると考えると、スゴいことです。将来的には1兆円を超える事業として、Appleの柱になるでしょう。

こういうサービス業にシフトして、できれば金融部門にもApple Payを足掛かりに進出すると、Apple銀行やApple損保とかApple生保とかが未来の事業の柱になったりして。
  • 2018.02.05 Monday
  • 12:00

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.25 Saturday
  • 12:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback