★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< MacBook Airが開拓した未来 | main | 新しい日韓共同宣言 >>
Appleの2018年第1四半期売上
0
     過去最高の売上を記録した四半期と。もちろん、アメリカは12月はホリデーシーズンに当たり、消費が活発化する時期ですし、883億ドルというのは他の四半期に比較して高いのですが、それにしても莫大な額ですね。日本では名作『はだしのゲン』の影響か、軍需産業は儲かるというイメージがあるのですが、実際は1機1億ドル以上するF-35を売るロッキード・マーティン社も、Appleの売上には遠く及びません。なにしろ471億ドル対2150億ドルですから、まさに桁違いでAppleが上。

    【Apple、2018年第1四半期売上は過去最高を記録】iPhone Mania

    Appleは現地時間2月1日、同社2018年第1四半期(2017年10‐12月)の決算を発表しました。

    過去最高の四半期売上を記録

    2017年10‐12月期の売上は、前年同期比13%増の883億ドル(約9.67兆円)となり、四半期としては過去最高記録を達成。また1株当たり利益も同16%増の3.89ドル(約426円)で、同じく過去最高の数字となりました。 
     iPhoneXの出荷台数はイマイチですが、値段が高いので売上自体は悪くないようで。KGI証券のミンチー・クオ氏は、今年がiPhoneXの売上が本格化すると予測されていますが。個人的には、ソコの予想はまったくできませんが。他のデータで気になるのは、Macの出荷台数の低下ですかね。iMac Proぐらいしか目玉商品がなかったことと、ノート型で大きな新製品投入がなかったのが大きいのでしょう。その代わり、iPad Proが好調なiPadファミリーが好調です。iPad miniの新型があれば、もっと売上が伸びたかも。

    いずれにしろ、Apple自体は好調を維持と言うことで。
    【2018.02.03 Saturday 12:00】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.05.20 Sunday 12:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23657
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム