★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 消えるグリッドガール | main | Appleの2018年第1四半期売上 >>
MacBook Airが開拓した未来
0
     Appleの名機というのは、発表された当初はそれほどピンとこないという部分があります。Apple気砲靴討Macintoshにしても、iPod、iPhone、iPadにしても、画期的すぎるモノはそう簡単に受け容れられないモノです。MacBook Airにしても、薄くて軽いのは良いけど、13インチはなぁ……というのが、自分の正直な感想でした。でも、今となっては11インチのMacBook Airはノート型Macの最高傑作のひとつであると、自信を持って言えます。MacBook Airも、実験的な機種としては画期的な名機でした。

    【あれから10年。MacBook Airが「ラップトップ」の未来を切り拓いてくれた話】ギズモード・ジャパン

    改めてMacBook Airが与えたインパクトを振り返ってみましょう。

    Apple(アップル)がMacBook Airを2008年1月末に発表したとき、それはデザイン面、技術面ともに革新的であるもののかなり値のはる一台でした。メカメカしいアルミニウム素材でできた、シルバーのメリタリックなラップトップは、もっとも厚い部分でも0.76インチ(約1.93cm)という薄さで、3ポンド(約1.36kg)以下の重さです。

    発表のステージ上で、スティーブ・ジョブズはその1,800ドル(約19万5700円)もするコンピューターを封筒から取り出し、いかに小さくて薄いかを披露してくれました。「MacBook Airとは何か?」と私たちに問いかけ、こう言うのです「世界でもっとも薄いノートブックだ」と。

    10年後。今や市場はスリムで薄いラップトップで溢れかえっています。今でもAppleはこの「Air」シリーズを継続している一方で、より利益の出るほかの製品に注力するようになり、Airシリーズに大したアップデートを加えてこなくなりました。そして、初めてMacBook Airが世に出てから10年の間に、Appleは速くて、薄くて、パワフルなラップトップをいくつか作ってきました。ただ、モバイルコンピューターの進む道をMacBook Airほど劇的に変えてくれたモデルは存在しないのではないでしょうか。 
     アルミ削り出しで強度を高めたユニボディ、それまでの脱着方式から一体型になって容量が増えて駆動時間も伸びたバッテリー、光学式ドライブを思い切って削除したシンプルな構成。実験場としていろんな技術が試された機種でした。13インチという大きさも、携帯性と作業性を考えれば、ベストな選択。ただ、15インチのMacBook Proを持っている自分には、棲み分けとしてもっと必要な部分がありますしね。そういう意味では、12インチのPowerBookG4やiBookの12インチよりも一回り小さい11インチのMacBook Airは名機。

    10インチのPowerBook 2400c/240も名機でしたが、重さが2キロありましたから。1.08キロはそれを大幅に上回る軽さ。もう、Appleはこのサイズは出さないでしょうから、名機中の名機となるでしょう。Core i7にBTOしてRAMを目一杯搭載しておいて、本当に良かったです。MacBookには、この実験的精神を継承して欲しいもんです。Apple A12Xで稼働する最初の機種とか、10インチで800グラムの機種とか。
    【2018.02.02 Friday 23:00】 author : 土岐正造
    | Mac & iPad | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.02.18 Sunday 23:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23656
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム