★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< NetflixとProduction I.G.とbonesが提携 | main | エンゲル係数の陥穽 >>
なぜAppleはインドで成功できないのか
0
     インドは経済成長は著しいですし、GDPも10位から昨年は7位に躍進して、可能性のある国ですが、なにしろ人口が13億人に達して、このまま行くと13億5000万人の中国を抜く勢い。一人当たりのGDPは1750ドルほどと、ドイツ42000ドル・イギリス40000ドル・日本39000ドル・フランス38000ドルと比較しても、190カ国中145位とかなり厳しいです。中国が8100ドルと4倍以上の大差。中国よりも貧富の差は大きいでしょうし、高級機種のiPhoneはなかなか浸透しないでしょう。でも、Appleも無策ではないようです。

    【なぜAppleはインドで成功できないのか】iPhone Mania


    アメリカを抜いて世界で第2位のスマートフォン市場にまで成長したインドですが、当地でのAppleの評判は芳しくありません。Samsungや中国ベンダーが勢いを増すなかにあって、Appleのシェアはわずか2.5%ほどに留まっています。

    現地の平均価格との大きな乖離

    CounterpointやIDCの調査によると、Samsungや中国ベンダーがインドにおけるスマートフォン市場のシェア80%を占める反面、17年第3四半期(7〜9月)でのAppleのシェアは2.2%に過ぎませんでした。17年第4四半期(10〜12月)には、シェアは幾分か伸びて2.5%となりましたが、依然として存在感は薄いままです。

    CNBCによれば、Appleのシェアが伸び悩む現状には、いくつかの原因が考えられるそうです。 
    【2018.02.01 Thursday 22:12】 author : 土岐正造
    | Apple | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.10.16 Tuesday 22:12】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23653
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム