★土岐正造とその仲間が雑多な興味の対象について、好き勝手に書き散らすBlogです。
 
<< 北風と太陽 | main | iPhoneX SEが登場? >>
四国-九州新幹線ルート
0
     北陸新幹線が京都に繫がり、東京から長野を経て北陸地方に出て、京都から新大阪に至るルートが環状になるわけで。新幹線を新神戸から四国に伸ばし、徳島・香川・愛媛から豊後水道を海底トンネルで繋いで大分へ。九州新幹線は福岡・熊本・鹿児島ルートは開通しましたから、後は小倉・大分・宮崎のルートができて、しかも四国にも繫がると、日本の主要地域がほぼ、新幹線で繫がるわけで。後は、上越新幹線を山形新幹線と秋田新幹線と繋げつつ、新青森までつなげれば、正に大動脈。

    【大分−松山、海底トンネル新幹線「黒字も可能」】読売新聞

    大分、愛媛の両県を結ぶ「豊予海峡ルート構想」の実現を目指す大分市は、新幹線用の海底トンネルを整備した場合の調査結果をまとめた。

     JR大分(大分市)―松山駅(松山市)間で1日往復32本の運行が可能で、最速約36分で結ぶことができるとし、1日当たり約6800人が利用すれば採算性が確保できると結論づけている。

     大分市は2016年度、トンネルと橋、鉄道と道路を組み合わせた計11パターンの概算事業費を試算し、新幹線(単線)を海底トンネルで通す場合が最も安い6800億円になると導き出した。この海底トンネル案が最も実現可能性が高いとして、今年度は専門業者に委託してルートやダイヤ、営業損益などを調査した。

     調査結果によると、単線のため、すれ違いや追い抜きに必要な中間駅を大分市佐賀関、愛媛県伊方町、同県大洲市付近に設けた場合、松山駅から大分駅に直行する下り列車の所要時間は約36分、上り列車は約43分となり、各駅停車は下りが約59分、上りが約53分と見積もった。この結果、1日往復32本の運行ができるとした。 
     山陰地方が怒りそうですが、人口的に費用対効果は厳しいでしょう。四国に関しては、高知県は高知自動車道に近いルートで、四国中央市からミニ新幹線で繋ぐ感じでしょうか? 九州新幹線は、熊本と太田を繋ぐ豊肥本線や、宮崎と鹿児島を繋ぐ日豊線を置き換える形でミニ新幹線が欲しいですが、コレはムリっぽい。少子高齢化の日本に新幹線が必要かという人もいるでしょうが、別に100年経っても今のドイツぐらいの人口はあるわけで、悲観しすぎですから。むしろ、鉄道網で地方を繋いで活性化が重要。

    ウチの田舎とか、四国経由で大分から宮崎にいたって、そこからタクシーのほうが鹿児島中央駅からフェリーやタクシーを乗り継ぐルートよりヨサゲ。
    【2018.01.29 Monday 20:00】 author : 土岐正造
    | 事件・事故・話題 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      【2018.08.18 Saturday 20:00】 author : スポンサードリンク
      | - | - | - |
      この記事に関するコメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://bunzaemon.jugem.jp/trackback/23640
      トラックバック
      Amazonプライム Amazonプライム会員なら、人気の映画やTV番組が年会費3900円(税込)で見放題! Amazonプライム